観光名所にデジタルサイネージ

京都駅改札を出たところに設置されているデジタルサイネージです。京都と言えば観光名所であり、外国人観光客も多数訪れます。ここのサイネージは格子調のデザインにサイネージを埋め込み、”和”な雰囲気をかもし出しています。

コンテンツが優秀

こちらのサイネージでは京都のイメージ動画が主に流れており観光客の目を引きます。そして適度にクライアントの広告画像が流れています。

観光名所のイメージ画像で観光客の目を引き付けておいて、その隙にお土産品や商品のPRが流れるという、秀逸なコンテンツ構成になっています。

外国人観光客に対する発信

特に外国人の方は興味があるようで、画像に見入る方も少なくありません。外国語コンテンツやタッチパネルでの誘導型サイネージなどがあればもっと有効な案内ができるのではないでしょうか?

今後サイネージに求められるもの

広告宣伝という部分に重きを置いていたデジタルサイネージですが、今後は外国人に対する案内表示や社内での情報共有など、広告以外の情報伝達ツールとしての役割での利用価値が求められています。