建設現場の情報開示用デジタルサイネージ

近隣住民への配慮

大規模な建設現場は、近隣住民の協力や理解をいただくことが大切です。騒音や粉塵の問題、工期の予定…。少しでも住民の理解を得るために情報を提供し続けることがテーマです。「一体この工事はいつまで続くんだろう?」「粉塵がたくさん舞って、環境が悪くなってるんじゃないの?」そんな不安を住民はいつも持っています。看板やポスターなどでの情報開示をよく見かけますが、視認性やリアルタイムの情報に欠けます。見えやすくまた最新の情報を常に提供し続けることが、近隣住民への配慮となります。

デジタルサイネージの活用

そこで注目され出したのがデジタルサイネージによる情報開示です。明るい画面で視認性が向上します。また騒音や粉塵などのリアルタイムデータを写し出したり、まわりを囲われて、どんな状況で作業がされているかわからない現場風景を生中継することも可能です。現場を少しでも理解してもらうために、デジタルサイネージの導入が進んでいます。

また現場の情報提供だけではありません。いつも協力をいただいている近隣住民への貢献ができるという一面もあります。例えば天気予報や交通情報、夜間には防犯情報など、住民に有意義な情報を提供することで地域への貢献ができます。

リアルタイム情報の大切さ

新聞を取る世帯が減ってきた。テレビを見る人間が減ってきた。その大きな要因としてインターネットの普及が挙げられます。情報をリアルタイムで得られるインターネットはとても便利であり、それだけ支持されているということです。1日遅れの情報でももう古い…ということになります。

建設現場の情報開示もリアルタイムで提供することで、より住民の理解を得られます。そのためにインターネットを利用した情報のリアルタイム更新を行います。例えば明日の工事予定「◯◯時からはクレーン車を使用するので騒音が大きくなります」など、詳細な情報をスピーディに掲示できます。

インターネットを利用したデジタル・サイネージの特徴は、その現場にいなくてもパソコン操作で現場のデジタルサイネージ映像を更新できる点です。例えば本社の事務所で、その日現場から上がってきた報告を元に、翌日のコンテンツを編集し変更ができます。また、時間帯による配信スケジュールを組むことも可能です。朝、昼、晩で時間帯に応じた適切なコンテンツの配信を予約することができます。

コンテンツは住民の立場で考える

近隣住民が気になることは、工事が日常生活に及ぼす影響です。小さいお子様やご高齢の方がいる家庭では、大型車による交通事故の心配があります。また粉塵等による空気汚染、騒音の問題など様々です。施工側の立場ではなく、住民の気持ちになって考えることが大切です。また一体どんな建物ができるのか、週間や月間のスケジュールをあらかじめ伝えておくことも重要です。逆の立場で考えることで、より理解の深まるコンテンツを流しましょう。

設置場所をよく考える

住民の理解を得るためには、見てもらえる場所にデジタル・サイネージを設置しないといけません。設置可能な場所で住民にアピールできるベストな箇所を選択しましょう。場合によっては工期の間だけサイネージ設置用の場所を借りるというのも手です。とにかく見てもらえないと全く意味がありません。

ベストなデジタルサイネージをご提案

ヤマトサイネージはその建設現場・工事現場にマッチする、ベストな現場専用のデジタルサイネージをご提案いたします。今までの導入実績を元に、配信コンテンツの内容や作成などもお手伝いいたします。お気軽にお問い合わせください。