はじめに

初めまして!Webサポート部のアッシーです!

今回はいつもブログを更新しているミツさんに代わり、アッシーが書かせて頂きます!

と、言いましてもあまりサイネージに詳しくないので…ミツさんにインタビューをして来ました!

デジタルサイネージの導入をお考えの方のためになる質問をして来ましたので是非読んでみてください!

Q.デジタルサイネージってなんですか?

A.分かりやすく一言でいうと電子看板、電子広告のことです。

Q.主にデジタルサイネージが設置されている場所はどこですか?

A.色んな所にありますよ!
例えば、あんまり気にして見たことがないと思いますが、駅・空港・大型ショッピングモールにいっぱいありますね。

先ほどの質問では、デジタルサイネージを電子看板・電子広告と言いましたが、広告や宣伝だけで使われているわけではありません。

病院や銀行などの待合スペースにもサイネージが増えて来ました。
整理券番号で人を呼び出しをしたり、そういった形でも利用されています。

さらに細かく言いますと、スーパーの食品コーナー、ドラッグストアで小型電子ポップというサイネージも設置されています。

小さい画面でCMが流れているようなものを見たことがありませんか?それが小型電子ポップです!

他にも設置されている場所はありますのであとは自分でも探してみてください!

Q.一番人気のある設置方法や機種は?

A.難しい質問ですね…苦笑

お手軽で簡単に使えて、という意味であれば、イーゼルスタンドタイプのサイネージですね。
お店のエントランス付近に看板替わりに置けますし、導入コストも安く簡単に使えるので人気があります。

あと最近の需要として目立つのは建設現場や工事現場でミーティングや朝礼時に情報共有のために使われたり、現場の騒音情報や注意喚起など、近隣の住民の方に理解を得るために情報開示するために導入が進んでいます。

Q.レンタル・購入する際に注意すべき点は?

A.まず重要なのが設置場所です!その次に使用時間ですね!
「屋内で使うのか?・屋外で使うのか?」
「常に置き場が決まっているもの?・移動させるもの?」
「主に使用する時間帯は、一日中使うのか?・夜間だけなのか?」
と言った条件をハッキリさせておくことが重要です。

屋内・屋外の違いはモニターを明るさに関係してきます。
設置方法によって、台を動かないように固定したり、移動させるならスタンドやローラーをつけたりします。

時間帯に関しましては、夜だけや屋内のみの使用であれば、モニターの明るさは低いものでも構いませんが屋外の昼間などに使おうと思うとモニターの明るさは高いものにしなければなりません。
例えば、ご家庭で使用されているテレビはモニターの明るさが約500カンデラ(※カンデラ…モニターの明るさを表す数値)ですが、デジタルサイネージに関してもそれくらいの数値があれば十分です。
先ほども言いましたが、日中に屋外で使用される場合は、モニターの明るさが高いものを選ばないとダメです!
例えば、スマホの画面を太陽の下で見ると画面が暗くなって見えにくくなってしまうのと同じことがサイネージにも起こってしまいます。
…ですのでお勧めは1500カンデラ以上を選ばれることをおすすめします!

ちなみに、
屋外用のもので、「あれ?安いな!」と思う商品に出会うことがあるかと思いますが、
夜用の輝度が低いものの場合があります。すると日中は見えにくくなってしまいますので注意が必要です!
もちろん居酒屋さんなど、夜のみ野外で使用される場合は輝度が低いものでもOKです。

Q.デジタルサイネージのトレンドは?

A.流行…というより傾向として、一昔前はデジタルサイネージと言われるだけで注目されておりましたが、デジタルサイネージが物珍しいといわれる時代は過ぎ去り、もはやデジタルサイネージはスタンダードになって来ています。
お客様のニーズも、ただデジタルサイネージを設置するだけでは満足いただけなくなって来ているのが現状です。そこで最近お話が多いのが、色や筐体のデザインを個性的なものを選ばれる方が増えて来ています。

Q.今後のデジタルサイネージはどのように進化すると思いますか?

A.ハッキリとはわかりませんがサイネージは基本的にテレビみたいなものが多いので——
テレビだと有機ELというものがあって、本体が薄型になって来ています。薄型だと取り回しも楽ですよね。
デジタルサイネージのネックとして、太い=重量がある=扱いにくい、という部分があります。
ですので、改善のために有機ELや新しい技術の開発によりデジタルサイネージもテレビに付随して薄型化!という時代になってくると思われます。

Q.液晶以外のサイネージってあるんですか?

A.実はLEDを使用したものもありますし、ホログラムのように立体的に見せるものもあります。
LEDは大きなビルの看板や野球のバックスクリーンなど既に導入されているものも多いです。
ちなみに左の画像もLEDで作られています。
遠めに見ると結構綺麗な映像に見えますね!

 

Q.ホームページのラインナップを見て自宅に一台欲しいなーと思っていたのですが、サイネージを個人で購入することはできますか?

A.できます。
できます、が何のために使うかが重要ですね。
デジタルサイネージにはアンドロイドOSが搭載しているものもあるので大きなスマホとしてSNSやYoutubeを見たりすることもできます。
最近は自分の好きなものだけを見たい時代になってきているので、デジタルサイネージもテレビに成り代わって一人一台になる、なんて時代がかもしれませんね!

おわりに

今回は「ミツさん」に貴重なお話を伺うことができました!

最後まで読んで頂きましてありがとうございました!

また機会があったらお会いしましょう!以上、アッシーでした!