こんにちは。



ヤマトサイネージの馬庭です。



STAY HOME週間ということで
何もできない状態が続きますが
皆様、いかがお過ごしでしょうか?



コロナ騒動はいつ収束するのか
まったく見通しが立たず
不安が高まるばかりですが



「明けない夜はない」と信じて
頑張るしかないですね。



ちなみに、どうでもいい話ですが
「明けない夜はない」はマクベスでのセリフ。



マクベスに復讐を誓うマクダフの台詞で



マクベスを倒さない限り
「夜は決して明けない」
だから俺が倒す という趣旨です。



この言葉を文化庁長官が使ったのは
「コロナを倒すために立ち上がろう」
ということなのでしょうか??



さて、今回はサイネージが
コロナ対策にお役に立てることがないか
考えてみました。



今、ほとんどの事業が沈む中で
日用品の小売りは活況です。



生活必需品は買わざるを得ませんからね。



そこで問題となっているのが
スーパーでの3密問題。



混雑している時間を避けて
来店してくださいとか



買い物は3日に1回にしてくださいなどの
アナウンスがされていますが



お願いベースでは
目標を達成するのは難しそうです。



現実的なのは人数制限ですよね。



店内に顔認証カメラを設置して
店内人数が基準に達したら



入口ゲートを閉めるとか。



タイムパーキングの発想ですね。



アフターコロナの世界は
安全へのコスト負担を仕方ないと
一般市民レベルで考える時代になります。



安全に買い物できる
安全に接触できる



このあたりのニーズが高まりそうです。



そこにサイネージがお役に立てることが
ないかとSTAY HOMEしながら
考えているところです。



騒動が収まりまりましたら
皆様とまたお仕事させていただけるよう
お願いいたします!