こんにちは。



ヤマトサイネージ広報部です。





紀伊國屋書店新宿本店が
レジの混雑状況をデジタルサイネージに
表示するシステムを導入しています。



SBクリエイティブが開発した
「密回避サイネージ」です。



設置したカメラからフロア画像を取得し
AIが滞在人数などを分析。



レジの混雑状況などを
デジタルサイネージに表示する



という仕組みです。



コロナが収束したら意味ないと
思われるかもしれませんが



カメラでフロアを分析することで
人の流れをデータ化できます。



滞在人数、滞在時間、移動方向などの
データを収集することができます。



そのデータをもとに
棚のレイアウトに活かせるでしょう。



今後、補助金の予算がどれほど
計上されるかはわかりませんが



補助金でこのようなシステムを
導入しておけば



コロナ収束後も販売促進で
使えそうですね。



ヤマトサイネージへのお問い合わせはこちら
https://yamato-signage.com/contact/



利用事例をYouTubeでご覧いただけます
【デジタルサイネージ利用事例集】
ヤマトサイネージYouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCvgESG9IZThceb14IpBhr1g



【メルマガのバックナンバーはこちら】



https://digitalsignage.hatenadiary.com/