ヤマトサイネージ

デジタルサイネージとはなんですか?

映像表示機器(液晶ディスプレイやLEDビジョンなど)を利用して情報や広告を流すシステムです

初めてデジタルサイネージを検討される方の中には、デジタルサイネージって難しそうでよくわからないというイメージを持つ方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか?そのようにお考えの方は「映像や画像が流れる看板や掲示板」と捉えてください。

従来の看板や掲示板が電子化され、掲示物の張替え・作り変えの手間を減らすことはもとより、インタラクティブ(双方向性)なコミュニケーションができるもの(タッチ操作、センサーによる案内)や、空間デザイン等、広義の総称としてデジタルサイネージや電子看板と呼ばれています。

デジタルサイネージは主に「映像表示機器」と「映像再生用機器(プレイヤー)」で成り立っています。通信を利用した遠隔操作を行う場合は「インターネット環境」及び「遠隔操作用端末(パソコンなど)」という要素も必要となります。

通信を行わずローカル運用する場合は「スタンドアロン型」と表現されます。例えば液晶ディスプレイを使用した場合のスタンドアロン型は以下のような構図になります。

映像再生用プレイヤーをディスプレイに接続し、対応メディア内の映像データを再生します。デジタルサイネージ専用ディスプレイの場合はプレイヤーが本体に内蔵されているケースもあります。
通信を伴う遠隔操作(配信)を行う場合は「クラウド型」と言います。この場合はインターネット経由で遠隔操作が可能になります。

本来デジタルサイネージとは「看板広告やポスターなどを電子化&ネットワーク化したもの」という定義を持っていますが、一般的にはネットワークを使用しないものも総称してデジタルサイネージと呼ばれています。また現在では略して「サイネージ」と表現されることも多くなっています。

Mail Magazine

ダウンロード無料プレゼント。15分でわかるデジタルサイネージ、利用事例・価格事例20選

毎週1回お届けするヤマトサイネージメルマガにご登録いただくと、
今すぐデジタルサイネージを導⼊する予定のない⽅にもお役⽴ち情報満載です。

登録はこちらから

※ご登録直後にお送りするメールにて特典ファイルをプレゼントいたします。