大野記念病院のマルチディスプレイ

大阪市内の病院エントランススペースに液晶マルチディスプレイを設置

病院のエントランスに液晶マルチディスプレイを設置

大野記念病院のマルチディスプレイ

大阪市内にある大野記念病院様に液晶マルチディスプレイを導入いただきました。55インチの液晶ディスプレイを縦置きして、横に4台連結しました。多くの人が訪れる病院のエントランスで情報やイメージ映像を流します。来院者への情報提供はもちろん、院内の雰囲気作りにもお役立ていただきます。

設置方法

縦画面マルチの設置方法

今回の設置方法は壁掛けです。まずは壁掛け金具を壁面に固定して、ディスプレイを設置します。レーザーを当てて正確な設置箇所を割り出し、丁寧に作業を行います。通常の壁面設置の場合はディスプレイが出っ張る形になるので、こちらでは什器を用意して周りを囲うようにしました。

マルチディスプレイの什器

壁掛け金具はプッシュ式のブラケットを採用しました。こうすることで後のメンテナンスが簡単に行えるようになり、維持費を抑えることができます。

プッシュブラケット

24時間連続放映可能なマルチ専用ディスプレイ

縦画面横連結のマルチディスプレイ

ヤマトサイネージの液晶マルチディスプレイは、24時間の連続放映にも対応するデジタルサイネージ専用ディスプレイです。画面連結部のベゼルラインは4mm以下に抑えられ、見た目の違和感を感じにくい薄ベゼル仕様です。

通常マルチディスプレイは横画面で田の字形に設置する場合が多いですが、16:9の画面比率をわざと崩すことで新鮮なイメージを与え、注目度が高くなります。


この事例について問い合わせる


デジタルサイネージメルマガ

登録
特典
あり

ダウンロード資料プレゼント!!

  • 15分でわかるデジタルサイネージ
  • 利用事例・価格事例20選

毎週1回お届けするヤマトサイネージメルマガにご登録いただくと、
今すぐデジタルサイネージを導⼊する予定のない⽅にもお役⽴ち情報満載です。

ご登録直後にお送りするメールにて特典ファイルをプレゼントいたします。