会議・式典用の超巨大マルチモニター

弊社史上最大、330インチ液晶マルチモニターを設置

大阪のUHA味覚糖様本社ホールへ55インチ液晶を36台使用した、国内でも有数の超大型液晶マルチモニターを導入いただきました。社内イベントや会議での使用が主な目的です。

巨大プロジェクトのスタートは現場調査から

ご依頼を受けて最初に始めることは現場調査です。

今まではここにスクリーンを垂らし、プロジェクターで映像を映していました。しかし、少し見えにくかったり、ブラインドを下ろして照明を落としたりと、薄暗くしないと使えないこともデメリットでした。

そこで目をつけられたのが液晶マルチモニターです。社長の「どうせやるなら他に類を見ないほど凄いことをやりたい。」の思いから、このプロジェクトはスタートしました。

現場調査では壁面造作に使用できそうな鉄骨がすでにあったため、その鉄骨を利用することにしました。既存の電気容量や音響システムの確認を行い、機材を間違いなく連動できるよう確認しました。

設置工事も大掛かりなものに

これだけ大きなモニターを作るためには、工事も大掛かりなものになります。ホール内へ足場を組み、高い位置でも安全に作業ができるようにしました。鉄骨を利用して壁面を作り、取り付け用の金具を打ち付けてそこにモニターを設置していきます。

モニターの数は36台。故障や破損が起こらないように細心の注意を払って設置します。

モニターの台数が多く、ズレが生じないように設置していく必要があります。設置が終わると足場を撤去する前にテスト配信してみます。先にチェックを行わないと、後で以上が発生した時に取り返しがつきません。

問題がないことを確認して足場を撤去します。合計インチサイズは330インチ。画面横幅は約7200mm、縦幅は約4080mmとなります。

映像を各モニターに配信するためのマトリクスシステムも凄い

36台ものモニターに映像を配信するには、映像分配機も大きなものになります。今回使用したのは入力が12系統、出力が36系統あるマトリクススイッチャーです。

12入力とは最大12台のパソコンやプレイヤーを接続でき、画面を分割して同時に映像を流すことができるという意味です。36出力はその映像信号を各モニターへ送るために必要なアウトプットとなります。

メンテナンスはどの様に対応するの?

メンテナンス時はローリングタワーというものを持ち込みして対応させていただきます。こちらは簡易的な足場で、移動用のキャスターが付いています。大きな会議や式典の前には、事前チェックのためにメンテナンスを行うことがあります。

なぜ、液晶マルチモニターなのか?

プロジェクターの弱点は光に弱く、全体的に映像がぼやけて見えてしまう点がデメリットです。通常これほど大きな画面を作る場合は、LEDビジョンというものを用います。LEDビジョンとは繁華街の屋外ビジョンや、スタジアムの電光掲示板で使用されているものです。

しかしLEDビジョンは液晶のように細かいドットで構成されていません。要するに画像が粗くなってしまうということです。遠くから見ることを前提とした画面であるため、屋内に設置することはあまり好ましくありません。

液晶マルチモニターはLEDビジョンと同じ様に、いくらでも大きくすることができます。また、映像は美しく、細かな文字も鮮明に映し出すことが可能です。なので屋内に大型画面をご希望の場合は、液晶マルチモニターをおすすめしています。

設置事例動画

👇サムネイルをクリックすると動画をご覧いただけます。

システム図

この設置事例は以下のようなシステムで成り立っています。

製品詳細ページ

こちらの製品詳細は以下リンクよりご確認ください。
マルチディスプレイサイネージ


ヤマトサイネージメルマガ
ダウンロード資料プレゼント、登録特典・15分でわかるデジタルサイネージ、利用事例・価格事例20選

毎週1回お届けするヤマトサイネージメルマガにご登録いただくと、
今すぐデジタルサイネージを導⼊する予定のない⽅にもお役⽴ち情報満載です。

ご登録直後にお送りするメールにて特典ファイルをプレゼントいたします。