パチンコ店などのアミューズメント施設

検討中リスト

検討リスト

検討リストに何も追加されていません。

お電話でのお問い合わせ
営業時間/平日9:30~17:30

いーわ サイネージフリーダイヤル0120-18-3102

担当者に転送されている場合があります。


検討中

検討リスト

検討リストに何も追加されていません。

お電話でお問合せ
フリーダイヤル0120-18-3102
レンタルお問合せ
メールメールフォーム
購入・総合お問合せ
メールメールフォーム

パチンコ店などのアミューズメント施設

パチンコ店での活用事例

パチンコ店に代表されるアミューズメント施設には、様々なデジタルサイネージが導入されています。屋外看板では大型のLEDビジョンでアイキャッチ効果を求めたり、店内では液晶モニターなどで販促活動を行います。また、広告活動のみならず店舗の華やかな雰囲気作りにも役立っています。

パチンコ店にデジタルサイネージが導入される理由

パチンコ店にデジタルサイネージが導入される大きな理由のひとつが、「ペーパーレス化」です。一昔前のパチンコ屋の販促といえば、新聞への折込広告や店内ポスターが主流でした。毎月折込チラシの校正、デザイン費用と折り込み賃の継続的な支払い、店内ポスターも毎回何枚も張り替える手間が生じていました。
折込広告に変わる働きをするのが屋外の大型LEDビジョンです。店舗の壁面や道路沿いの看板を電子看板化してドライバーや通行人にアピールします。当然初期の設置費用はかかりますが、継続的に支払っていたチラシ代や費用対効果を考えると、こちらのほうがコスパが良いと判断されるケースが多いようです。また新聞を取る家庭が減少傾向にあり、折込広告の効果が薄れていることもその背景にあります。
屋外の大きなビジョンは基本的に「アイキャッチ」の役目を果たします。「お客さんがお店に入ってくれるように」するためのものです。逆に店内に置くデジタルサイネージは、入店してくれたお客さんに「何を楽しんでもらうか」ということをアピールするようになります。 いずれにしろ単なる看板やポスターとは異なり、動きのあるコンテンツが流せるデジタルサイネージは人の注目を受ける可能性が高いのです。

店舗内に置き型デジタルサイネージを導入する場合は「風営法」に注意

パチンコ店には「風営法」における広告物の規制が設けられています。デジタルサイネージ設置に関係する主な注意点は、「床置きタイプのもので地上高が1000mmを超えてはいけない」ということです。店内で万一の有事が発生した際に、避難のための視界が確保できるようにとの規制があります。 ただしこれは建物内の置き型に限る話ですので、店内でも壁面に設置するケースなどは対象の範囲外となります。

設置場所別で探す

メルマガ登録特典ダウンロード資料プレゼント
  • check!5分でわかるデジタルサイネージ
  • check!利用事例・価格事例20選

毎週1回お届けするヤマトサイネージメルマガにご登録いただくと、

今すぐデジタルサイネージを導入する予定のない方にもお役立ち情報満載です。
登録はこちらから。
※ご登録直後にお送りするメールにて特典ファイルをプレゼントいたします。

機器の選び方から納期確認、コンテンツ制作まで
なんでもご相談ください!

フリーダイヤル0120-18-3102 メールでのお問い合わせ
私、ミツが何でもお応えします