鏡(ミラー)とデジタルサイネージ

検討中リスト

検討リスト

検討リストに何も追加されていません。

お電話でのお問い合わせ
営業時間/平日9:30~17:30

いーわ サイネージフリーダイヤル0120-18-3102

担当者に転送されている場合があります。


検討中

検討リスト

検討リストに何も追加されていません。

お電話でお問合せ
フリーダイヤル0120-18-3102
レンタルお問合せ
メールメールフォーム
購入・総合お問合せ
メールメールフォーム

鏡(ミラー)とデジタルサイネージ

一般的なデジタルサイネージは加速的に導入が進んでいるためすでに街の風景に溶け込んでおり、あまり注目を浴びることはありません。「見てもらう」ということが目的であるサイネージの概念を逸脱し、「見(魅)せる」ことを実現したものがミラーサイネージです。鏡を前にすると無意識に見てしまう人の心理を利用して、鏡の一部に映像を流します。ただ、設置場所のシチュエーションは限られてくるニッチな商品です。主に鏡に関連するアパレル業や美容系の業種に適しています。また、トイレや休憩スペースなどへの設置も面白いかもしれません。

鏡と液晶ディスプレイが融合した「ミラーサイネージ」とは?

ミラーサイネージとは通常の液晶ディスプレイの表面にマジックミラー(ハーフミラー)を装着したもので、電源OFFの時は完全な鏡状態に、また黒背景コンテンツを映せば元色が黒の部分は反射が強くなり鏡のようになります。不特定多数の人へ一度に情報を掲示する目的ではなく、鏡を利用する人へのパーソナルな映像配信を目的としています。またミラーパネルにはタッチ機能を持たせることが可能で、インタラクティブな情報提供にも対応することができます。

ミラーサイネージの活用法

【人感センサーを組み合わせる】
普段はデジタルサイネージとして一般的な映像を配信、人が近づくと映像が角に小型化して表示される。人は自分の身だしなみをチェックしながら映像を見ることができます。これはミラーサイネージに人感センサーを装備させることで可能な技術となり、理美容系やコスメ関係の鏡として利用すれば良いかもしれません。
 【タッチパネルコンテンツを利用】
タッチパネルを利用したコンテンツで試着イメージやお子様向けの企画を立てるのも面白いです。タッチで好きな帽子やメガネを選び、鏡に写った自分の顔にバーチャル装着してみる。欠品中の商品もこのシステムなら試着イメージがすぐに実感でき、スムーズな商品案内や顧客をつなぎとめるツールとなるでしょう。また、お子様をターゲットにした企画を行うことでファミリー層にも楽しい空間の提供ができ、リピートの獲得につながる可能性もあります。
 【幻想的な空間の演出】
デジタルサイネージは一昔前の「広告媒体」でしかないイメージは薄れてきており、風景やアート作品を流すことで場の雰囲気づくりとして利用されるシーンが増えてきました。鏡という特性を活かし、テレビや映画、エンターテイメント系の施設などでは活用の場が広がりそうです。

ミラーサイネージのスタイル

 【ノーマルタイプ】
鏡のように壁面に取り付けするタイプです。大小様々なインチサイズがあり、大きなものでは下の写真のような86インチもラインナップしています。
※普段は鏡。 ※映像がぼんやりと幻想的に表現される。
 【スタンドタイプ】
スタンドミラータイプのミラーサイネージです。スタンドにはキャスター装着が可能ですので、移動させて使いたい時に便利です。
※スタンドミラータイプなので全身が鏡に映る。 ※黒コンテンツ以外は割とはっきり表示されるのも特徴。

ミラーサイネージの導入事例

※画像をクリックしていただくと詳細ページを表示します。
札幌/ダンススタジオ(86インチミラーサイネージタッチパネル・壁面設置)

ミラーサイネージに適したコンテンツとは?

 【美容系】
美容室では鏡の一部をディスプレイ化し関連した商品のCM動画や、お客様にリラックスしていただけるようなコンテンツ(例えばお好みのユーチューブ動画など)がおすすめです。また、コスメ系の店舗ではファンデやリップをバーチャルで試してもらえるようなコンテンツが面白いと思います。
 【アパレル系】
アパレル系では試着コンテンツが有効です。同じデザインでもいろんなカラーバリエーションを試したいお客様などには、都度試着してもらう手間や時間も省け、店舗の回転率を上げる手助けになる可能性を感じます。
 【化粧室・トイレ】
感染症対策を促したり手洗いの方法などは思いやりのあるコンテンツといえます。また、洗顔料や口内ケア関連の広告も適していると考えます。
 【フィットネス系】
ヨガスタジオやダンススクールなど鏡を見ながらレッスンを行う施設では、周りの鏡と同化させるとオシャレです。ミラーサイネージを利用したリモートレッスンを行えば注目の的となることは必須でしょう。

ミラーサイネージのメリット

 【サプライズ感で注目を浴びやすい】
鏡だと思っていたら本やると映像が浮かび上がってきた!まさかの展開で映像コンテンツへの注目度が上がります。パーソナルな配信がメインとはなりますが、設置場所に合わせた適切なコンテンツを流すことで見てもらえる率は格段にUPします。
 【もちろん鏡としても使える】
ミラーサイネージはデジタルサイネージと鏡という異なる機能を持ち合わせているので、サイネージとして使用しないときはもちろん鏡として使えます。また、映像コンテンツのサイズを調整することで画面の半分は映像が流れ、それ以外の部分は鏡として使用することもできます。
 【空間演出として最適】
近未来的な映像演出が可能なミラーサイネージは空間の演出にも適しています。絵画やポスターのように貼替えの手間がなく、季節や天候、その日の気分によって好きなコンテンツを瞬時に表示できる点がメリットです。

ミラーサイネージのデメリット

 【一般広告には適さない】
広告映像は本来大勢の人に見てもらいたいもの。しかし、ミラーサイネージは反射が強く、はっきりとした映像を一度に沢山の人に見せることは苦手です。また離れた位置からの視認性も悪いため、通常のデジタルサイネージとは別物と考えてください。  
 【利用シーンが限定される】
設置シーンはパーソナルな関係でサイネージを見てもらえる環境に限ります。目新しさだけで導入してしまうと後悔する可能性大です。設置環境や利用者の状況等をしっかりとリサーチして、意味のある場所に取り付けることが必須条件です。  
 【鏡、即ち汚れが目立つ】
ガラス面はホコリや水滴で汚れが目立ちやすくなり、日常的な清掃が必要となってきます。また、タッチパネルを装着する場合は人が触る頻度が高いため、より気を使って拭き掃除を行わないといけないでしょう。

ミラーサイネージの価格

弊社では32インチから最大86インチまでのミラーサイネージを扱っています。本体価格(※税別)は188,000円~1,580,000円となっています。

ミラーサイネージを選ぶポイント

ご説明をしてきたように鏡タイプのデジタルサイネージは、設置場所や利用シーンが限定されるニッチな商品になります。また、普通の映像を流してしまうと本来のポテンシャルを活かしきれませんので、コンテンツに関しても注意が必要になります。清掃に対する手間がかかる点も覚えておいたほうが良いでしょう。導入後に本当に意味のあるものになるのか?そういうシュミレーションを重ねた上での購入をおすすめめします。

シーン別で探す

メルマガ登録特典ダウンロード資料プレゼント
  • check!5分でわかるデジタルサイネージ
  • check!利用事例・価格事例20選

毎週1回お届けするヤマトサイネージメルマガにご登録いただくと、

今すぐデジタルサイネージを導入する予定のない方にもお役立ち情報満載です。
登録はこちらから。
※ご登録直後にお送りするメールにて特典ファイルをプレゼントいたします。

機器の選び方から納期確認、コンテンツ制作まで
なんでもご相談ください!

フリーダイヤル0120-18-3102 メールでのお問い合わせ
私、ミツが何でもお応えします