ヤマトサイネージ

デジタルサイネージの活用例

デジタルサイネージを導入する目的として考えられる要因と期待できる効果、その活用例についてご紹介します。

導入目的と期待できる効果

デジタルサイネージの導入目的として、次の4項目が挙げられます。

導入目的と期待できる効果

広告・販促における効率化

広告・販促における効率化

時間や客層、季節や天候に合わせ内容をリアルタイムに更新することで、集客の効率化を図ることができます。 多拠点にデジタルサイネージを配置する場合は、遠隔地からの一括管理も可能です。この場合は拠点スタッフの物理的な手間も省けます。

視認性の確保によるブランディングイメージ向上

広告・販促における効率化

静的な看板やポスター掲示では風景化してしまい、通行人の目に留まりにくい傾向にあります。また、多くの情報を掲示したい場合は必然的にそのスペースも大きくなります。 デジタルサイネージは省スペースで動きや音のあるコンテンツが配信できるので、人の関心が高まりイメージの向上につながります。

リアルタイムに情報提供・情報共有ができる

広告・販促における効率化

交通機関の運行状況や会議室での情報共有、ウィルス対策などの医療コンテンツ、天気予報、ニュース速報といったユーザーがすぐに伝えたいこと、すぐに共有したいことを発信できます。

現場や社内・学内での教育

広告・販促における効率化

チェーン店舗や大きな建設現場などの場合、首長の意図やメッセージを各拠点に配信することで、より一層のモチベーションアップを図ることが可能です。 また教育機関ではオンライン授業のツールとして利用されるケースも増えています。

Mail Magazine

ダウンロード無料プレゼント。15分でわかるデジタルサイネージ、利用事例・価格事例20選

毎週1回お届けするヤマトサイネージメルマガにご登録いただくと、
今すぐデジタルサイネージを導⼊する予定のない⽅にもお役⽴ち情報満載です。

登録はこちらから

※ご登録直後にお送りするメールにて特典ファイルをプレゼントいたします。