ヤマトサイネージ

コンテンツ・拡張システム

Contents System

デジタルサイネージは、いわば情報を映し出すディスプレイに過ぎません。そこに配信するコンテンツこそがデジタルサイネージの効果を決める最大の主役となります。
どのようなコンテンツを、どのタイミングで、どのように伝えるか。WhatとHowを組み合わせ「なんのために」デジタルサイネージを活用するのか、このコンセプトが明確であればあるほど、 デジタルサイネージの価値・有用性は高まります。オリジナルのアプリやセンサー連動型のデジタルサイネージの開発も承ります。

デジタルサイネージのコンテンツの種類

デジタルサイネージ用のコンテンツには主に下記のものがあります。※一部括りが重複します。

デジタルサイネージの拡張利用

またデジタルサイネージでは下記のような使い方が可能です。

このように様々なコンテンツの種類、使い方がある中で、

等、使い方に応じて最適な機器を選び使用することが重要になってきます。

デジタルサイネージは紙のポスターに比べ動きのある映像等を表示することが大きな違いといえます。 また現地に行かなくともコンテンツを更新することが可能なため(クラウド型)、ポスター張替えの手間や印刷・ラミネートといったコスト削減に繋がります。 この特性を鑑みた上で、どのような活用方法が目的達成に一番近づけるかを考えることが大切です。

コンテンツ・拡張システムの参考動画

利用事例をもっとみる

※YOUTUBEへ移動します。

コンテンツについてもっと調べる

Mail Magazine

ダウンロード無料プレゼント。15分でわかるデジタルサイネージ、利用事例・価格事例20選

毎週1回お届けするヤマトサイネージメルマガにご登録いただくと、
今すぐデジタルサイネージを導⼊する予定のない⽅にもお役⽴ち情報満載です。

登録はこちらから

※ご登録直後にお送りするメールにて特典ファイルをプレゼントいたします。