デジタルサイネージの価格について

デジタルサイネージの価格決定要素

デジタルサイネージには、安価なものから高額なものがありますが、求めている効果を果たせてこそ初めて意味のある製品となります。 目的にマッチした最適なデジタルサイネージを導入するために、下記の要素を参考にしてください。

設置環境

屋内 ・完全な屋内での使用なら300cd/㎡程度の標準輝度を選択
・窓際等、直射日光が当たる場合700cd/㎡等の高輝度モデルを推奨
半屋外 ・多少の雨風があたる半屋外はIP55等の防水防塵性能を推奨
・常時明るい場所では1,200cd/㎡以上の高輝度モデルを推奨
屋外 ・常時風雨に晒される場所に設置する場合、IP65等の防水防塵性能を推奨
・直射日光があたる完全屋外は2,500cd/㎡以上の高輝度モデルを推奨

サイズ

液晶ディスプレイ ・基本的にインチでサイズ表現。超小型は3.4インチ等
・32、43、49、55、65、75、86、98インチ等、液晶メーカーのサイズに沿った固定インチ
・通常の半分のサイズ(ハーフカットディスプレイ)、正方形、円型も存在
マルチディスプレイ ・46、49、55、65インチ等の複数のディスプレイを組み合わせて大画面化
・55インチを田の字に4面で110インチ、9面で165インチ
・田の字以外に横一直線等の画面構成も可能
LEDビジョン ・500mm角などのパネルの組み合わせで希望サイズを実現
・横2000×縦1500mmの場合、2×1.5m=3㎡(平米計算をよく用いる)
・拡張性が高く横10メートル等のディスプレイも構築可能

設置方法

液晶ディスプレイ ・壁掛、壁埋込、天吊、専用ブラケット、専用スタンド・什器等
・スタンド一体自立型にホイール付属またはアンカー設置
マルチディスプレイ ・専用ブラケットにて設置
・自立型キャビネットなどをアンカー固定
・移動式ホイール付属スタンドを使用
LEDビジョン ・専用の取付鉄枠を製作して設置
・トラス等で組んだ枠に吊り下げ設置
・床面、壁面等、特殊ブラケットを使用

拡張機能

通信手段 ・インターネットで配信する場合、LANポートまたはLTE通信機能
・オフラインで使用する場合USBやSDカードでの更新機能
・同一ネットワーク環境での更新(イントラネット)機能
機能 ・センサーでのコンテンツ切り替え等の活用
・タッチパネルによるインタラクティブ活用
・カメラやプリンター、NFC等の機能の活用
ハードウェア ・筐体の形状、色、本体へのプリント等の拡張性
・2K、4K等の解像度、それに対応するプレイヤーの選定
・LEDビジョンなら視認距離に最適なピクセルピッチの選定

デジタルサイネージを捜す

使用場所
設置方法
画面の向き
画面サイズ
その他
上記選択での該当件数: 0

ヤマトサイネージメルマガ
ダウンロード資料プレゼント、登録特典・15分でわかるデジタルサイネージ、利用事例・価格事例20選

毎週1回お届けするヤマトサイネージメルマガにご登録いただくと、
今すぐデジタルサイネージを導⼊する予定のない⽅にもお役⽴ち情報満載です。

ご登録直後にお送りするメールにて特典ファイルをプレゼントいたします。