電子ペーパー(電子棚札)デジタルサイネージ

「電子ペーパー(電子棚札)」コンビニでの活用法10選!デジタルサイネージも一緒にDXで役立つ

靴屋チェーン店に電子ペーパーを設置

目次

コンビニのDXには電子ペーパー(電子棚札)が効果的!

コンビニを始めとする様々な小売業で、人手不足の解消やより購買につながる訴求の実現が求められ、DXの需要が高まっています。

すでに在庫管理ソフトやセルフレジなど多くのデジタルツールが利用される中、コンビニのDX実現に一役買っているのが「電子ペーパー(電子棚札)」です。この記事では、電子ペーパー(電子棚札)の特長や、コンビニにおいてどのように役立つかを紹介します。

コンビニの現状・課題

電子ペーパー(電子棚札) コンビニ

コンビニ業界はフランチャイズ方式によって急成長してきましたが、国内出店による売上は頭打ちとなり、新たな戦略を模索しています。

コンビニ業界が直面している主な課題は3つあり、
・人手不足とサービスの増加
・加盟店オーナーの高齢化と契約更新問題
・SDGsや環境配慮への取り組み
です。

これらの課題に対応するために、大手コンビニチェーンは、海外進出や既存店の売上向上、健康やPBなどの差別化、電子決済や店舗改装などの施策を実施中です。多様化する消費者ニーズに応えるために、DXを進め柔軟に変化していくことが求められています。

コンビニのDXとは何か?

電子棚札

コンビニで必要とされている「DX」とはデジタルトランスフォーメーションの略語です。簡単に言うと、デジタル技術を駆使しコンビニを変革することです。

大手コンビニチェーン店は、デジタルツールやテクノロジーを活用して、商品情報の一元管理、訴求力向上、業務改善など、効率性や競争力の向上を目指しています。

多岐にわたるデジタル技術が活用されている中で「電子ペーパー(電子棚札)」は他のテクノロジーとの親和性も高く、注目されているツールです。次の章からは電子ペーパー(電子棚札)について詳しく説明します。

コンビニのDXを推進する「電子ペーパー(電子棚札)」とは?

電子ペーパー(電子棚札)デジタルサイネージ

多様化する消費者ニーズに応える必要があるコンビニでは、競争力の向上が急務となっています。コンビニのDXを促進するデジタルツールは様々ありますが、その中でも特に注目を集めているのが「電子ペーパー(電子棚札)」です。

電子ペーパーは、電子的なインクを使用して文字や画像を表示するデバイスで、コンビニでは電子棚札やセール情報の表示に活用されています。通常のディスプレイとは異なり、電力を消費するのは情報を変更する際だけであり、非常に省エネです。

表示内容を1日に2〜3回変更する程度であれば、5年近くも電池交換が一切必要ありません。電子ペーパー(電子棚札)にはコンビニでの様々な活用方法があります。

コンビニにおいて電子ペーパー(電子棚札)を採用すると、本部から遠隔操作で一斉に表示内容を変更でき、情報伝達が効率的に行えます。ボタン電池で動作するので、電源に接続する必要がなく、コンビニ内で設置場所を自由に選べます。

次の項目では、コンビニのDXを促進するための電子ペーパー(電子棚札)の活用方法を詳しく解説します。

電子ペーパー(電子棚札)の詳細については、以下の関連ページもご参照ください。

電子棚札・電子ペーパー

コンビニでの電子ペーパー(電子棚札)のDX活用方法10選

多くのコンビニで電子ペーパー(電子棚札)を取り入れている中、実際の使用方法がイメージしづらいと感じる方もいるのではないでしょうか?そこで、ここからはコンビニでの活用方法10選をご紹介します。

自社のコンビニで電子ペーパー(電子棚札)を導入する際に、どのように活用すればより効果的に伝わるのかを具体的にイメージしながら読み進めてください。

活用方法1:商品の人気ランキングをリアルタイム更新

電子ペーパー(電子棚札)で、お客様に商品の最新人気ランキングを見てもらえれば、バンドワゴン効果もあり購買の決断を後押しできます。商品の人気ランキングをリアルタイムで手間なく更新できる電子ペーパー(電子棚札)を使って購買につなげましょう。

活用方法2:期間限定新商品のご紹介

コンビニでは期間限定の新商品が毎週のように登場していますね。電子ペーパー(電子棚札)の表示内容を定期的に変更しながら、期間限定の新商品を効率的に紹介しましょう。

季節ごとの新商品や期間限定アイテムなど、お客様が気になる商品を目立つ形で紹介し、購買意欲を高められます。

活用方法3:1,000円以内で買えるランチセットの組み合わせ提案

電子ペーパー(電子棚札)に「唐揚げ弁当550円、お茶150円、サラダ200円、デザート100円」といったように、1,000円以内で買えるランチセットを表示しましょう。

1,000円以内で買えるランチセットの組み合わせを提案することで、本来はお弁当だけで済ませようとしていた方に、アップセルでの購入を後押しできます。

活用方法4:商品の健康効果や栄養情報を詳細に伝える

商品の健康効果や栄養情報が気になるお客様は多いです。商品の健康効果や栄養情報を電子ペーパー(電子棚札)で分かりやすく伝え、お客様が健康目標に合った商品を選べるようサポートしましょう。

活用方法5:ダイエット中の方でも安心して食べられる商品の組み合わせ紹介

1970年代から現在まで根強いダイエット意識が日本人にはあります。ダイエット中の方でも安心して食べられる商品の組み合わせを電子ペーパー(電子棚札)を利用して紹介しましょう。

低カロリーで美味しい商品や、ローカーボで栄養バランスの良いメニューを特集すると、ダイエット意識が高いお客様の購買促進に効果的です。

活用方法6:お客様の商品レビューや評価を掲載

昨今ではネット販売の影響もあり商品レビューや評価を気にするお客様が増えました。お客様の商品レビューや評価を電子ペーパー(電子棚札)に掲載すると、他のお客様の参考としておすすめです。

生の声や体験談が商品の信頼性を高め、お客様の購買意欲を向上させます。

活用方法7:おすすめのアレンジレシピ紹介

コロナ禍での巣ごもりもあり、内食でちょっと凝った料理を簡単に作りたいというお客様も多いです。QRコードを電子ペーパー(電子棚札)で表示して、商品を活かしたおすすめのアレンジレシピを紹介しましょう。

アレンジレシピによりコンビニ内で買い回りしてもらえ、客単価が上昇します。簡単で美味しいアイデアや季節に合わせたアレンジなどを提示することで、顧客満足度の向上にも効果的です。

活用方法8:時間や天気、気温ごとにおすすめ商品をリアルタイム更新

「朝は朝食、昼はランチ、3時にはおやつ、暑い時にはアイス、寒い日はおでん」というようなリアルタイムな情報表示は、購買促進に有効です。従来のアナログな方法では表示交換が面倒でしたが、日時で表示設定ができる電子ペーパー(電子棚札)は手間が掛からずおすすめです。

活用方法9:メーカーの製造秘話や背景を紹介

商品のストーリーを表示し、お客様に興味や安心を感じてもらえれば購買促進できます。メーカーの製造秘話や背景を、電子ペーパー(電子棚札)を通じて紹介し、商品をより納得して購入してもらいましょう。

活用方法10:地元産商品を特集し、地域と結びつけ

CSRやSDGsの観点からも地域社会とのつながりは大切です。地元産商品を電子ペーパー(電子棚札)を用いて特集し、その地域ならではの商品や味を紹介できます。

地元の生産者や製造元のストーリーなども取り上げ、地域とコンビニのつながりを感じてもらいファンになってもらいましょう。

コンビニのDXなら「デジタルサイネージ」もおすすめ

高画質LEDビジョン

コンビニで電子ペーパー(デジタル棚札)を取り入れて、様々な商品の魅力や情報発信ができることをお伝えしてきました。しかし、電子ペーパー(デジタル棚札)は、動画や音声による訴求には限界があります。

この電子ペーパー(デジタル棚札)の弱点を補うために、合わせて導入したいのが「デジタルサイネージ」です。

デジタルサイネージは、液晶ディスプレイやLEDビジョンでコンビニ商品の魅力を動画や音声で伝られるデジタル看板です。コンビニの新しい食品や便利なサービスの利用時の動画を流すことで、お客様への訴求力が高まります。

デジタルサイネージを駅前や店舗入り口など注目エリアに配置し、目を引くコンテンツを表示しましょう。商品ごとの詳細情報は電子ペーパー(デジタル棚札)で提供することで、相乗効果を生み出せます。

コンビニで活躍しているデジタルサイネージについて、より詳しく知りたい方は以下のページもご覧ください。

デジタルサイネージとは

コンビニのように小売り事業でDXを実現したデジタルサイネージ導入事例3選

アパレル業界のLEDビジョン

コンビニのように小売店で、デジタルサイネージを活用してDXを達成している導入事例を3つご紹介します。これらの成功例を通じて、デジタルサイネージの導入をより具体的に想像してみましょう。

導入事例1:ウィンドウ越しのデジタルサイネージモニター

コープ貝塚店様では直射日光が強い入口に屋外用の明るいモニターを設置し高い訴求効果を実現しています。

ウインドウ越しの高輝度サイネージ

導入事例2:全国170店舗を一括クラウド管理のデジタルサイネージ

全国展開される美容サロン様では本部から170店舗に映像変更するシステムを実施し、省人力かつ目立つ看板になってます。

170店舗にクラウド管理サイネージ

導入事例3:駅のホームに向けてデジタルサイネージを設置

「さんプラザコンタクトレンズ」様では人通りの多い駅ホームに向けて設置しており、夜間は特に差別化できてます。

ビル2階の窓枠にLEDビジョンを設置

ヤマトサイネージの電子ペーパー(電子棚札)でコンビニのDXを推進しませんか?

コンビニに電子ペーパー(電子棚札)やデジタルサイネージを導入することで、コンビニのDXを大きく促進できます。

電子ペーパー(電子棚札)やデジタルサイネージの採用を考えているが、大手企業に頼むとコストがかかり、実績の乏しい中小企業では不安を感じる場合が多いです。そんな場合には、実績豊富で品質も高いと好評な「ヤマトサイネージ」での導入をご検討ください。

ヤマトサイネージは、大型家電量販店様や酒店などの小売業をはじめ多くの企業様に電子ペーパー(電子棚札)を提供した「株式会社GRトレード」と提携しており、品質と実績は大企業様をはじめ業界でも認められています。

デジタルサイネージは製品の企画から製造、販売、施工まで、ヤマトサイネージが全てサポートしており、日本全国の様々な業種での導入実績がございます。

電子ペーパー(電子棚札)やデジタルサイネージを採用して、コンビニのDXを進めたいとお考えの方は、お気軽にご相談ください。お客様の予算やご希望に応じて、最適な導入プランをご提案いたします。

>>【無料相談】ヤマトサイネージに問い合わせる



デジタルサイネージメルマガ

登録
特典
あり

ダウンロード資料プレゼント!!

  • 15分でわかるデジタルサイネージ
  • 利用事例・価格事例20選

毎週1回お届けするヤマトサイネージメルマガにご登録いただくと、
今すぐデジタルサイネージを導⼊する予定のない⽅にもお役⽴ち情報満載です。

ご登録直後にお送りするメールにて特典ファイルをプレゼントいたします。