ヤマトサイネージ

輝度(カンデラ)とは何ですか?

ディスプレイの明るさを示す単位です。cd/㎡(カンデラ)と表記され、数値が高いほど明るいという意味になります。

デジタルサイネージディスプレイを選ぶときの重要項目のひとつ、それはディスプレイの輝度(きど)です。「画面の明るさ」ということです。屋内外、様々な環境に設置される可能性があるデジタルサイネージは、場所によって適切な輝度を選定する必要があります。

輝度を表す単位は「cd/㎡」で「カンデラ」と読みます。屋内で凝視することの多いPCモニターやテレビ、スマートフォンやタブレット端末等は250カンデラ~450カンデラが主流です。長時間見ていても目に悪影響を与えにくい落ち着いた輝度設定となっています。

※長時間凝視することの多いPCモニターやテレビの輝度はさほど高くない。

デジタルサイネージ専用ディスプレイは人々に注目してもらうため、輝度を上げて目立つようにするという考え方が一般的です。屋内用でもテレビより輝度が高いものや、屋外用は自然光に負けない画面の明るさが必要になるため、3000カンデラを超えるような超高輝度ディスプレイもあります。設置場所に応じて適切な輝度を選択する必要があります。

※サイネージ専用ディスプレイは輝度が高めに設定されているものが多い。

Mail Magazine

ダウンロード無料プレゼント。15分でわかるデジタルサイネージ、利用事例・価格事例20選

毎週1回お届けするヤマトサイネージメルマガにご登録いただくと、
今すぐデジタルサイネージを導⼊する予定のない⽅にもお役⽴ち情報満載です。

登録はこちらから

※ご登録直後にお送りするメールにて特典ファイルをプレゼントいたします。