ヤマトサイネージ

テレビとデジタルサイネージ専用ディスプレイの違いは

テレビはご家庭で長時間視聴するためのもの、デジタルサイネージディスプレイは「状況に応じた見えやすさと耐久性」を追求したものです。

デジタルサイネージは機械の名称ではなく、「映像表示機器を利用して情報や広告を流すシステム」です。なので屋内ではテレビを利用したデジタルサイネージもよく目にします。では一体、テレビとデジタルサイネージ専用ディスプレイの違いは何なのでしょうか?まずはそれぞれが何を目的にしているかということを理解する必要があります。

テレビは当然のことながらテレビ番組やDVD、ゲームを楽しむなど主にご家庭で視聴することを前提に作られたものです。そのため横置き設置が基本となり、長時間の利用でも目の負担を抑えるため画面は適度な明るさに保たれています。

使用環境が屋内に限られるため筐体については「薄型・軽量」を重視したものが多く、耐衝撃性能は高いとは言えません。また、24時間連続放映などの長時間連続使用を想定していないため、1日の使用時間を考えての運用が必要となってきます。

テレビを利用したデジタルサイネージもよく目にしますが、使用環境や条件によってはデジタルサイネージ専用ディスプレイを選んだほうが良いでしょう。デジタルサイネージの設置される環境は屋内外問わず様々で、不特定多数の方へ「いかに注目して見てもらえるか?」ということが重要になってきます。

※屋内ではテレビを使用したデジタルサイネージもよくある。

まず専用ディスプレイは屋内使用モデルはもちろん、屋外で使用できる防塵防水対策をしたものが流通しています。長時間見てもらう想定ではなくインパクト重視になるため、テレビよりも明るい画面で注目度をアップさせる仕組みになっています。画面の向きは縦横どちらでも設置対応することが特徴です。

また過酷な環境にも耐えやすいように筐体は頑丈に作られており、場合によっては液晶面も強化ガラス等で保護されます。24時間連続放映に対応するディスプレイを使用したものもあり、設置環境や使用条件にマッチした機材を選べることがポイントです。

※サイネージ専用ディスプレイは様々な設置環境や状況に対応できる。

Mail Magazine

ダウンロード無料プレゼント。15分でわかるデジタルサイネージ、利用事例・価格事例20選

毎週1回お届けするヤマトサイネージメルマガにご登録いただくと、
今すぐデジタルサイネージを導⼊する予定のない⽅にもお役⽴ち情報満載です。

登録はこちらから

※ご登録直後にお送りするメールにて特典ファイルをプレゼントいたします。