ヤマトサイネージ

クラウド活用型デジタルサイネージとは?

テレビとデジタルサイネージディスプレイの違いは?

デジタルサイネージの配信をネットワーク経由で行う場合をクラウド型と呼びます。例えばチェーン展開されている各店舗に設置したディスプレイの映像を、 本社一括で編集・管理することができます。管理用PCで編集したデータをサーバーにアップロードし、機器側はその情報をインストールするという仕組みです。

クラウド型のメリットはリアルタイムに内容の変更ができること、遠隔地から操作できること、一度に複数端末の管理が行えることです。また、拠点スタッフの手を煩わすことなく運用できる部分も強みです。 ただし毎月のランニング費用がかかること、通信トラブルの発生リスクなどはデメリットと言えます。しかし近年はシステムの制度もかなり向上しており、安定して運用できるケースがほとんどです。

TPOに沿った情報提供や広告でより反響を得たい場合、運用台数が多くスタンドアロン型では手間ががかかりすぎる場合、遠隔管理で移動時間のロスを無くしたいというケースにおすすめです。

Mail Magazine

ダウンロード無料プレゼント。15分でわかるデジタルサイネージ、利用事例・価格事例20選

毎週1回お届けするヤマトサイネージメルマガにご登録いただくと、
今すぐデジタルサイネージを導⼊する予定のない⽅にもお役⽴ち情報満載です。

登録はこちらから

※ご登録直後にお送りするメールにて特典ファイルをプレゼントいたします。