ヤマトサイネージ

プレイヤー・配信管理システム・
通信機器

Player/CMS/Network

このページではプレイヤー(ハードウェア)とCMS(コンテンツマネジメントシステム:配信管理システム、ソフトウェア)についてご紹介いたします。

インターネット配信対応型プレイヤー(ハードウェア)

現在のプレイヤーの多くはディスプレイのHDMI入力端子に接続するタイプが一番普及しています。プレイヤーハードウェア自体はスティックタイプ(ドングル)のものから、 ボックス型の物など、様々な種類がありますが、インターネット配信対応型のプレイヤーの場合はインターネットにつなげてサーバーからデータをダウンロードし、 プレイヤー本体にデータを保存、ディスプレイに配信する仕組みです。CMS(コンテンツ管理システム)と紐付けて使います。

インターネット配信対応型プレイヤー(ハードウェア)

メリット
  • 複数拠点を一元管理可能
  • 機種によっては不具合をオンラインで察知
  • 既存ディスプレイを活用可能
注意点
  • サーバー、CMS等のランニングコストが発生
  • セキュリティの要件チェックの必要性
  • プレイヤーの購入コスト
よく使われる場所
  • ホテルや病院での情報配信
  • 複数拠点のある企業の情報伝達版として
  • 紙の掲示物削減(コストカット)および人員の手間を削減

スタンドアロン型配信対応型プレイヤー(ハードウェア)

スタンドアロン型配信対応型プレイヤー(ハードウェア)

こちらもHDMIやDVI搭載のディスプレイであれば、インターネットに繋がなくても画像のスライドショーをさせたり、 動画を再生させたるすることができるプレイヤーのスタンドアロンプレイヤーです。付属のソフトウェアで、画面分割やデイリースケジュールを組むことも可能な機種もあります。※対応機種はご確認ください。
またプレイヤー機能を本体に備えている場合、外部プレイヤーは不要となります。

管理ソフト有りの場合

管理ソフト有りの場合

管理ソフト無しプレイヤーの場合

管理ソフト無しプレイヤーの場合

本体にプレイヤー機能がある場合

本体にプレイヤー機能がある場合

スタンドアロン用オフライン再生コンテンツ管理ソフトの一例

メリット
  • 画像や映像を入れるだけで再生するシンプルな活用方法
  • ランニングコストが発生しない
  • セキュリティのネットワーク的な不安が無い
  • 画面分割やデイリースケジュールをサポート(一部機種)
注意点
  • 週間等の配信スケジュールに非対応(一部機種対応)
  • HTML5等の高度配信をサポートしていない(一部機種対応)
  • プレーヤー機器の購入コストが発生
よく使われる場所
  • 建設現場
  • レストラン、テナント
  • 空港、駅
  • セキュリティ面で懸念のある場所

コンテンツ管理システム(CMS)

デジタルサイネージのコンテンツのインターネット配信を行う場合、CMS(コンテンツマネジメントシステム)を利用します。お使いのパソコンのブラウザからID、パスワード等でログインし、 メディア(画像・動画・オフィス系素材)をアップロードし、どのような順番で、何秒流す等のプレイリストを作り、それをいつ、どのくらいの頻度で流す、といったスケジュールを決めます。
配信を指示すると、デジタルサイネージに設置してあるインターネット対応型プレイヤーが指示されたコンテンツをダウンロードし、デジタルサイネージに表示させます。

インターネット配信対応型プレイヤー(ハードウェア)と紐付けて使用することが多いですが、弊社のデジタルサイネージにはAndroid(Windowsはカスタマイズ)を搭載している場合がありますので、 その場合はプレイヤーハードウェアは不要となります。

コンテンツ管理システム(CMS)

CMSの使用方法

インターネット配信型プレイヤー+CMS

インターネット配信型プレイヤー

OS搭載型ディスプレイ+CMS

OS搭載型ディスプレイ

通信機器

インターネット配信型プレイヤー

ネットワーク配信型のデジタルサイネージの運用には、インターネット環境が必要です。しかし、デジタルサイネージのためだけに工事費や、 面倒な手続きはちょっと…。という方には小型Wi-Fiの導入をおすすめします。またSIMカードによるLTE通信もご利用いただけます。

メリット
  • LAN敷設等の工事が不要
  • SIMカードに対応したプレイヤーなら機器代金がかからない。
注意点
  • 5GB等の通信容量制限がある場合がほとんど
  • 電波状況により通信が左右される注意点

プレイヤー・配信管理システム・通信機器の設置事例

設置事例をもっとみる

Mail Magazine

ダウンロード無料プレゼント。15分でわかるデジタルサイネージ、利用事例・価格事例20選

毎週1回お届けするヤマトサイネージメルマガにご登録いただくと、
今すぐデジタルサイネージを導⼊する予定のない⽅にもお役⽴ち情報満載です。

登録はこちらから

※ご登録直後にお送りするメールにて特典ファイルをプレゼントいたします。