デジタルサイネージの定義

検討中リスト

検討リスト

検討リストに何も追加されていません。

お電話でのお問い合わせ
営業時間/平日9:30~17:30

いーわ サイネージフリーダイヤル0120-18-3102

担当者に転送されている場合があります。


検討中

検討リスト

検討リストに何も追加されていません。

お電話でお問合せ
フリーダイヤル0120-18-3102
メールでお問合せ
メールメールフォーム

デジタルサイネージの定義



デジタルサイネージとは何か。


定義1


デジタルディスプレイを
用いている

TVモニター、AndroidやiPad、タブレットなど、電子的な表示機器ならデジタルサイネージとして扱えます。


定義2


販売、マーケティング、
広告等のコンテンツを流す

動画・写真・SNSコンテンツ等、配信時間を設定したり、表示内容の変更・切り替えもかんたんです。


定義3


遠隔から制御されている
(ネットワーク化されている)

配信可能な状態にあること。ネットワークに接続していればどこに居ても簡単に配信することが出来ます。

ネットワーク化されたデジタルサイネージ専用のディスプレイや液晶モニターなどを使用し、広告宣伝や情報案内を配信するシステムです。「液晶ディスプレイ」「情報(コンテンツ)」「配信のネットワーク」この3つがそろったものをデジタルサイネージと呼びます。

店舗やテナント内、屋外などに設置したディスプレイに、ネットワークを通じて宣伝広告や案内メッセージを表示します。例えばポスターの貼り付け作業や取り外しを面倒に感じたことはありませんか?そうそう、テープの跡がうまく取れなかったりしてイライラするんですよね。そのような手間も無くなり、簡単に発信したい情報を表示できることが特徴です。

何パターンもの広告・情報を何度でも切り替えたり、動画も配信することができるため大きな効果が期待できます。また、自発光で高精細な液晶ディスプレイを使用するので、視認性が良く通行人の目を引きやすくなります。

地域性を考慮したり、時期や時間帯によりターゲットを絞った広告メッセージを選んで発信できるので、より効果的な広告・情報発信媒体として企業や店舗、公共施設などから大きな注目を浴びています。いわば「電子広告」「電子ポスター」「電子掲示板」です。もっと極端に表現すると「CMだけ流れているテレビ」ともいえます。

デジタルサイネージは設置・導入を希望される場所や利用したい目的に応じて、様々な用途に対応した機器が用意されています。イーゼルスタンドを利用してモニターを立てかけ表示するタイプ、ディスプレイを専用アタッチメントで壁掛けするタイプ、自立式のスタンドタイプ、アミューズメント施設などでよく見る大型LEDビジョンタイプ、商品棚などで個別商品のPRをする電子POPタイプ、お手持ちのテレビや既存のモニターに差し込むだけでとても簡単に使用できるSTBキット、プロジェクションマッピングなどです。

その多くは商品やサービスの宣伝広告、店舗や企業のイベント情報やイメージ広告などに代表される「集客・販売」目的ですが、近年では自治体や公共施設での情報提供といった分野でも導入が進んでいます。



デジタルサイネージのタイプ

電子看板、電子POPなど、電子的な機器を使用して情報を配信するシステムが「デジタルサイネージ」呼ばれます。

デジタルサイネージは大きく分けて3つの型があり、サイネージの設置場所や業種などによってベストな型をご指定しております。


① スタンドアロン型

USB 等の記憶媒体をディスプレイまたはプレイヤーにセットし、コンテンツの更新等を行うタイプ


② ローカルネットワーク型

配信システムをインストールしたPC やローカルサーバから各ディスプレイに対し配信指示を行うタイプ


③ クラウド型(ASP型・SaaS型)

サイネージ事業者が、インターネットを通じて配信システムを提供するタイプ

何が気になりますか?

機器の選び方から納期確認、コンテンツ制作まで
なんでもご相談ください!

フリーダイヤル0120-18-3102 メールでのお問い合わせ
私、ミツが何でもお応えします