屋外体験型eスポーツ用LEDモニター

2019-2020の2シーズン、試合会場へ屋外LEDビジョンを提供

弊社は2019年からJWBL(日本女子プロ野球リーグ)と2年間のスポンサー契約を交わし、主に試合会場でのイベントに使用するLEDビジョンの設営を担当させていただきました。サイズは横幅2.88メートル、縦幅は1.6メートルの大型モニターです。

屋外へのスポット設置になるためトラス式のスタンドを用意して、そこにビジョンを吊り下げる方法を取りました。電力供給は発電機を用いて賄いました。


埼玉アストライア:加藤優選手(左)と、みなみ選手(右)※写真撮影当時

会場に訪れる子どもたちにeスポーツを通じて野球の楽しさを体験してほしい

試合会場へ訪れた子どもたちに野球の楽しさを伝えたい。そのために我々が出来ることはなにかを考えたときに、行き着いた答えが「eスポーツ」でした。大画面を目の前にして、太陽の下で体を動かしながら野球ゲームを体験してもらうという企画です。

LEDビジョンは直射日光を受けても視認性が落ちないことがメリットです。屋外環境でも画面が明るく、反射も起こらないことが特徴です。子どもやファミリー層に楽しく利用していただくことができました。

女子プロ野球選手も飛び入り参加、サプライズ演出でボルテージUP

おそらく日本で初の試みであろう、球場で大型モニターを使用した体験型の屋外eスポーツ体験。試合の合間には選手が飛び入り参加という、嬉しいサプライズもありました。

現在は活動休止も、女子野球普及への貢献度は計り知れない

サプリメントで有名な株式会社わかさ生活が母体となり発足したJWBL(日本女子プロ野球リーグ)ですが、残念ながら現在は活動休止となっています。しかし、今回の事例のように女子野球の裾野を広げる活動を長年続けてこられました。

近年では女子野球部を設ける学校があったり、女子野球の世界大会が行われるなど競技人口が増えてきています。その理由のひとつに日本女子プロ野球リーグの存在が大きく関わっていたことは言うまでもありません。

ゲーミングモニターに?大型ビジョンの可能性

昨今話題になっているeスポーツですが、全国各地で大会が開かれたり、世界大会が行われるなどその注目度は急上昇です。部活動として発足させる学校も増加しています。

ゲームを「競技」として行うプレイヤーにとっては、大きな画面はプレイに支障を与えます。ただ、この様にみんなと一緒に「楽しむ」ことを考えれば、イベントでの使用は有意義で有ると考えます。

また、観客の入るeスポーツの大会においては、観衆にプレイ画面を見せるための大画面として採用されることも多々あります。ただ、その都度レンタル業者が設置するケースも多いようで、大きな箱の会場であれば、常設することで使用料として周辺利益を得ることができ、客単価のUPにつながる可能性があります。

 

ヤマトサイネージのLEDビジョン


ヤマトサイネージメルマガ
ダウンロード資料プレゼント、登録特典・15分でわかるデジタルサイネージ、利用事例・価格事例20選

毎週1回お届けするヤマトサイネージメルマガにご登録いただくと、
今すぐデジタルサイネージを導⼊する予定のない⽅にもお役⽴ち情報満載です。

ご登録直後にお送りするメールにて特典ファイルをプレゼントいたします。