【全国対応】デジタルサイネージ総合提案

お電話でのお問い合わせ
営業時間/平日9:30~17:30

いーわ サイネージフリーダイヤル0120-18-3102

担当者に転送されている場合があります。

お電話でお問合せ
フリーダイヤル0120-18-3102
メールでお問合せ
メールメールフォーム

デジタルサイネージの歴史

日本におけるデジタルサイネージの歴史と今後の展望

日本におけるデジタルサイネージのはじまりは、1950年代のテレビ放送開始に起因します。いわゆるテレビCMの放映です。

その後1976年に日本ビクターから発売されたVHSビデオデッキの登場により、店舗等でのVHS再生による広告宣伝が行われるようになりました。そのシステムは現在もDVDやSDカードなどをモニターで再生する販促活動に受け継がれています。

デジタルサイネージにおける「革命」ともいえるのが、1993年赤崎氏らの発明よる青色LEDの登場です。その発明はLEDディスプレイの開発を可能にし、現在のデジタルサイネージにおいて大きな影響を与えています。明るく高精細なディスプレイでの広告は視認性が大きく向上し、通行人の目をひく存在となっています。

またパソコンやインターネットの普及に伴い、誰でも簡単に広告宣伝や情報案内を作製できるようになりました。そしてUSBやHDMIを利用して簡単に発信できるようにもなりました。

デジタルサイネージはポスターや看板広告に変わる新たな広告媒体として導入が加速化しています。広告や情報案内のみならず今後は芸術分野、教育機関などでの活用も増加することが予測されており、その可能性は無限大です。そしてお客様の多種多様なニーズに合うデジタルサイネージにおける機器類の開発も、急ピッチで進んでいます。

何が気になりますか?

機器の選び方から納期確認、コンテンツ制作まで
なんでもご相談ください!

フリーダイヤル0120-18-3102 メールでのお問い合わせ
私、ミツが何でもお応えします