農業ビニールハウスに電子棚札を設置

農業DXを推進する電子ペーパー(電子棚札)とは?便利な活用方法7選を解説

農業ビニールハウスに電子棚札を設置

農業DXには電子ペーパー(電子棚札)が効果的!?

様々な業界でDXが進められていますが、農業分野にもDXの波が押し寄せています。農業業界全体としてはまだまだアナログな作業が多いのは事実ですが、デジタルツールやシステムにより大幅な業務効率化を実現する事例が増えています。

数あるデジタルツールの中でも、今後農業分野への導入が増えると言われているのが「電子ペーパー(電子棚札)」です。電子ペーパー(電子棚札)の中でも、防水防塵仕様の機種を使うことで、雨の当たる屋外や粉塵が舞うビニールハウス内にも設置できます。

今回の記事では、農業分野のDXの事例や農業現場に電子ペーパー(電子棚札)を導入する際の便利な活用方法についてわかりやすく解説します。

農業業界の現状

農業の現状

農業業界は、急速な変化と革新が求められる状況にあります。

農業は長い間、伝統的な方法や手法で行われてきましたが、最近では技術の進歩や社会の変化により、新たな課題やニーズが浮上しています。農業労働者の高齢化や人手不足、後継者不足など、農業人口の低下も大きな課題の1つです。

さらに、世界的な気候変動の影響で、自然災害や異常気象が増えており、農作物を安定して栽培することも厳しくなっています。これにより若者の農業離れが加速しています。

これらの課題に対処するために、農業業界ではデジタル技術や先端技術の導入が進められており、農業の持続可能性や生産性の向上に向けた取り組みが活発化しています。

農業DXとは?

農業DX

そもそもDXとは「Digital Transformation」の頭文字を取った言葉で、デジタル技術を活用して業務の効率化や生産性の向上を図る取り組みを指します。この取り組みを農業の現場にも取り入れる動きを「農業DX」と呼んでいます。

農業DXの具体例としては、センサー技術やIoT、AI、ビッグデータ解析などの先端技術を活用して、農作業や農業経営のあらゆる段階で情報を収集・分析し、効率的かつ持続可能な農業の実現を目指しています。

農業DXを進めることで、効率的な生産プロセスの確立、資源の最適利用、農産物の品質向上を実現し、日本の農業業界の働き方改革、人手不足の解消、売上の向上など、農業をしたいと思える人を増やすことに繋がります。

農業DXとスマート農業の違い

農業DXとスマート農業は、両方とも農業におけるデジタル技術の活用を指す言葉ですが、そのアプローチや焦点には違いがあります。

農業DXは、デジタル技術を活用して農業全体の業務プロセスを変革し、効率化や生産性の向上を図ることを目指しています。これには、農作業の自動化や効率的なリソース管理、データ分析による意思決定の改善などが含まれます。

一方、スマート農業は、主にIoTやセンサー技術を活用して農業プロセスをモニタリングし、リアルタイムで情報を収集し、農作業の最適化や生産性の向上を図ることに焦点を当てています。スマート農業は、農場の環境や植物の状態などのデータを収集し、農家がリアルタイムでそれらの情報を利用して生産活動を行うことを可能にします。

つまり、農業DXは広範囲な業務プロセスのデジタル化と最適化を目指すのに対し、スマート農業は農業DXの一環として、特定の農業プロセスの自動化とリアルタイムなデータ活用に重点を置いています。

農業DXを取り入れた企業の事例

農業DX

農業DXと言っても、DXに取り組む農家が栽培する農作物の種類や抱えている課題で、DX手法が大きく異なります。ここでは2つの事例を元に、農業DXの具体例をイメージしてください。

事例1:データの見える化による農業経営の標準化

農業DXの一例として、データの見える化による農業経営の標準化が挙げられます。

ある農家では、センサーやIoT技術を用いて農場内の各種データ(気象、土壌、作物の生育状況など)を収集し、クラウド上のシステムでリアルタイムに可視化しました。

これにより、経営者は農作業の状況や作物の健康状態を把握しやすくなり、適切な判断や意思決定が可能となりました。

※関連記事:https://www.maff.go.jp/j/kanbo/dx/dxsub/dxcase8.html

事例2:ドローンで得られたデータを活用してDX

農薬散布の効率化において、ドローンを活用した事例があります。従来の農薬散布は、農地全体に一律に散布されることが一般的でしたが、ドローンを活用することで局所的な散布も可能となります。

例えば、特定の作物に病害虫が発生している場合、ドローンを使ってそのエリアを撮影し、画像解析技術によって被害の程度を把握します。その情報をもとに、散布すべき農薬の種類や量を最適化し、ドローンが自動的に農地上空を飛行しながら散布を行います。これにより、必要以上に農薬を使うことなく、被害を最小限に抑えながら作物を保護できます。

※関連記事:https://www.maff.go.jp/j/kanbo/dx/dxsub/dxcase3.html

農業DXを推進する「電子ペーパー(電子棚札)」とは?

「電子ペーパー(電子棚札)」とは、従来の紙の棚札やPOPをデジタル化した表示器です。電子ペーパー(電子棚札)は、電子インクと呼ばれる技術を用いて文字や画像を表示するディスプレイであり、消費電力が低い上にボタン電池で稼働するため設置場所を選びません。

様々なデジタルツールやシステムとAPI連携することで、収集したデータをあらゆる場所で表示することに強みを持っています。当然、遠隔操作で表示内容を変更することも簡単です。

この電子ペーパー(電子棚札)を農業現場に導入することで、作業効率の向上、農作物の安定生産、在庫管理の効率化などを実現できます。

電子棚札・電子ペーパー

農業現場に電子ペーパー(電子棚札)を導入するなら「防水防塵機能」が必須

電子ペーパー(電子棚札)は一般的には小売店の店内や在庫倉庫内などの室内で使われることが多いですが、農業現場に電子ペーパー(電子棚札)を導入する場合は屋外での使用も想定されます。

電子ペーパー(電子棚札)を屋外で使用する際には、雨に濡れたり土埃がついたりということを想定する必要があり、防水防塵機能付きの電子ペーパー(電子棚札)を選ばなければいけません。

農業での電子ペーパー(電子棚札)の活用方法7選

農業ビニールハウスに電子棚札を設置

ここからはさらに具体的に、農業現場に電子ペーパー(電子棚札)を導入する際の便利な活用方法を7種類解説します。

活用方法1:温度記録センサーと連動して、複数あるビニールハウスの温度を1箇所で確認可能に

ビニールハウス内の温度管理は農作物の育成において重要です。複数のビニールハウスで農作物を栽培しているのであれば、それぞれのビニールハウス内の温度管理を個別に行わなければいけません。

しかし、温度管理を確認するためだけに、全てのビニールハウスをまわることは非効率的です。

そこで、温度記録センサーと電子ペーパー(電子棚札)を連動させることで、農場の入り口付近に設置した電子ペーパー(電子棚札)で全てのビニールハウスの温度を確認できるようになります。温度管理が効率化され、生産効率が向上します。

活用方法2:水門管理自動化システムと連動して、離れた場所の田んぼの水量管理を視覚化

農業の担い手が減っているため、1つの米農家が管理する田んぼが増え、遠隔地の田んぼの管理を任されることも増えています。しかし、遠隔地にある田んぼの水量管理は手間のかかる作業です。

この課題を解決するために、近年は水門管理自動化システムを導入して、田んぼの水量調整を自動で行えるようになっています。しかし、自動で水量を調整できても、最終的な水量の管理は農家本人の感覚に頼る部分があります。

そこで、水門管理自動化システムと電子ペーパー(電子棚札)を連動させることで、自宅に設置した電子ペーパー(電子棚札)で全ての田んぼの水量をリアルタイムで視覚化できます。これにより、機械の不具合による水のムラや不足を防ぎ、効率的な水量管理が可能となります。

活用方法3:土壌管理装置と連動して、土壌内の養分や水分量を可視化

土壌内の養分や水分量の管理は作物の生育に直結します。従来は農家の経験値や感覚で土壌の養分や水分量を調整していましたが、土壌管理装置を導入することで最適な土壌環境を属人性なく管理できるようになります。

この土壌管理においても、天候により急激に変化することもあるので、リアルタイムな状況把握が必要です。

土壌管理装置と電子ペーパー(電子棚札)を連動させることで、自宅にいながら電子ペーパー(電子棚札)の画面上で、土壌のリアルタイム情報を確認できます。

活用方法4:市場、品種、等級ごとのその日の値段、出荷数をリアルタイム表示

生花や果物など単価の高い農作物は、市場や品種、等級ごとのその日の相場が変動します。当然、相場が高い時に出荷した方が農家としての売上は上がります。

栽培している農作物の品種や等級ごとの相場をリアルタイムで電子ペーパー(電子棚札)に表示することで、農産物の価格や需要の動向を把握しやすくなります。

さらに、その日の出荷予定や出荷数量を電子ペーパー(電子棚札)に表示することで、全作業員が共通認識として出荷に臨める環境が整うので、作業効率化に効果的です。

活用方法5:購買データを元にした需要を表示

農作物を出荷する道の駅やスーパーなどは、天候や曜日、周囲で行われるイベントの影響で、需要が大きく変動することがあります。

毎年の販売データを蓄積しておくことで、出荷する時期や曜日、天候ごとの需要を分析できます。

このような購買データを電子ペーパー(電子棚札)に表示することで、需要に最適化した出荷ができるようになり、売上の最大化につながります。

活用方法6:資材や肥料の在庫管理の効率化

近年は特に資材や肥料が高騰しており、少しでも無駄をなくして効率よく使う必要があります。感覚だけで農業を続けていては、このような外部的要因の影響を受けやすくなるので大変危険です。

資材や肥料の在庫情報も感覚で把握するのではなく、しっかりとデータとして管理しなければいけません。

在庫管理システムと電子ペーパー(電子棚札)を連動させることで、在庫データを視覚的に管理できるようになり、資材や肥料の過不足を減らせます。

活用方法7:AI技術を活用した収穫予想を表示

農作物は気候や天候で成長スピードが変わるため、同じ農作物を毎年栽培していても収穫する日程を正確に把握することは困難です。

ここでも毎年の気候や栽培スケジュール、出荷スケジュールをビッグデータとして管理することで、AI技術により収穫予想の正確性を高められます。

さらに、分析データを電子ペーパー(電子棚札)で可視化することで、前後の作業のスケジュールを立てやすくなったり、収穫や草刈りなどスポット的に必要な追加人員の確保がしやすくなったりと、農家の仕事を大きくサポートします。

農業の電子ペーパーなら「ヤマトサイネージ」にお任せ

農業現場への電子ペーパー(電子棚札)の導入事例は全国的に見ても多くないのですが、他の業界と同じように今後増えると予想されています。

しかし、単に電子ペーパー(電子棚札)を導入しても効果は期待できないので、農業現場の作業効率を高められるように最適化した導入手法を取らなければいけません。

そこで、農業現場への電子ペーパー(電子棚札)の導入を検討している方は、実績豊富な「ヤマトサイネージ」へお任せください。

ヤマトサイネージは、某大手家電量販店の全国数百店舗をはじめに、多数の大手企業、多種多様な業界への納品実績のある「GRトレード」と提携しており、品質と実績は業界トップクラスです。

電子ペーパー(電子棚札)について興味のある方は、まずはお気軽にヤマトサイネージへお問い合わせください。

>>【無料相談】ヤマトサイネージに問い合わせる



デジタルサイネージメルマガ

登録
特典
あり

ダウンロード資料プレゼント!!

  • 15分でわかるデジタルサイネージ
  • 利用事例・価格事例20選

毎週1回お届けするヤマトサイネージメルマガにご登録いただくと、
今すぐデジタルサイネージを導⼊する予定のない⽅にもお役⽴ち情報満載です。

ご登録直後にお送りするメールにて特典ファイルをプレゼントいたします。