屋外LEDビジョン

​​製造工場のおけるデジタルサイネージの導入事例3選!メリットやデメリットもわかりやすく解説

屋外LEDビジョン

多くの製造工場でデジタルサイネージの導入が進んでいます

製造業の現場でも、デジタルサイネージの導入が進んでいます。リアルタイムの生産情報共有や安全管理、従業員とのコミュニケーション強化など、その活用方法は多岐にわたります。

しかし、デジタルサイネージには機種やサイズなど選ぶための基準が複数あり、導入する目的や設置環境に合わせて最適な機種を選ばなければ、導入効果を最大化できません。

そこで今回は、製造工場におけるデジタルサイネージの具体的な導入事例を3つ紹介し、その効果や課題について詳しく解説します。デジタル化が進む製造現場で、デジタルサイネージがどのように活用されているのかを最後まで読み進めてください。

デジタルサイネージとは?

屋外エントランスのデジタルサイネージ

デジタルサイネージとは、電子ディスプレイを使用して情報や広告を表示する次世代の情報伝達システムです。従来の紙のポスターやサインボードに代わり、動画や静止画、テキストなどのデジタルコンテンツをリアルタイムで更新・配信できます。

デジタルサイネージの特徴は、コンテンツの即時更新、複数拠点での一元管理、動的な表現による高い訴求力にあります。企業や公共施設、商業施設など幅広い場所で活用され、情報共有、広告宣伝、顧客サービス向上などの目的で導入されています。

デジタルサイネージとは

デジタルサイネージは「マルチディスプレイ」「液晶ディスプレイ」「LEDビジョン」の3種類

デジタルサイネージ 違い

デジタルサイネージの主要な表示デバイスとして、「マルチディスプレイ」「液晶ディスプレイ」「LEDビジョン」の3つがあります。以下に記載する特性を考慮し、設置場所、目的、予算に応じて最適なデジタルサイネージを選択することが重要です。

種類1:マルチディスプレイ

複数のディスプレイを組み合わせて大画面を構成するシステムです。柔軟な画面構成が可能で、異なる情報を同時に表示できる利点があります。設置スペースや予算に応じて拡張性が高く、故障時も一部のみの交換で済むため、メンテナンス性に優れています。

マルチディスプレイサイネージ

種類2:液晶ディスプレイ

一般的なフラットパネルディスプレイで、比較的安価で高画質な表示が可能です。消費電力が低く、薄型軽量なため設置が容易です。屋内専用の機種から防水・防塵対応の屋外用まで幅広い機種があり、中小規模の表示に適しています。耐久性も向上しており、長時間の連続稼働にも対応可能です。

屋外用デジタルサイネージ

種類3:LEDビジョン

発光ダイオード(LED)を使用した大型ディスプレイです。高輝度で屋外でも視認性に優れ、大規模な表示に適しています。モジュール構造のため、様々な形状やサイズに対応できます。消費電力は比較的高いですが、長寿命で耐久性に優れています。スタジアムや広場など、大規模な屋外設置に多く使用されています。

LEDビジョン

デジタルサイネージを導入する目的

会議室の9面マルチディスプレイ

デジタルサイネージを導入する目的 企業や組織がデジタルサイネージを導入する主な目的は、効果的な情報発信と視覚的なコミュニケーションの実現です。以下、具体的なメリットを3つ挙げます。

メリット1:情報共有

デジタルサイネージは、リアルタイムで情報を更新・配信できるため、組織内の迅速かつ正確な情報共有に役立ちます。例えば、企業のKPI達成状況、重要なお知らせ、スケジュール変更などを即座に全従業員に伝達できます。また、複数拠点間での情報共有も容易になり、組織全体の連携強化につながります。

メリット2:広報

デジタルサイネージは、来訪者や顧客に向けた効果的な広報ツールとして機能します。企業の製品やサービス、ブランドイメージを視覚的に魅力的な方法で伝えます。動画や高解像度の画像を使用することで、従来の静的なコンテンツよりも注目を集め、記憶に残りやすい広報活動が可能になります。また、設置場所や時間帯に応じてコンテンツを変更することで、より効果的なターゲティング効果を実現できます。

メリット3:教育

デジタルサイネージは、従業員教育や来訪者への案内など、教育的な目的でも活用できます。例えば、新入社員向けのオリエンテーション動画の放映、安全教育に関する重要ポイントの表示、製品使用方法のデモンストレーションなどが可能です。視覚的に分かりやすい情報を繰り返し表示することで、学習効果を高め、重要な情報の定着を促進します。また、インタラクティブな機能を持つデジタルサイネージでは、ユーザーが自ら情報を探索できるため、より深い学習体験を提供できます。

​​製造工場にデジタルサイネージを導入するメリット

日本全国の工場でデジタルサイネージの導入が進んでいますが、工場における主なメリット3つをご紹介します。

メリット1:リアルタイムの生産情報共有と可視化

デジタルサイネージを活用することで、生産ラインの稼働状況、生産目標の進捗、品質管理データなどをリアルタイムで表示し、工場全体で情報を共有できます。これにより、従業員の意識向上や迅速な問題対応が可能となり、生産効率の向上につながります。

メリット2:安全性の向上と事故防止

安全に関する重要な情報や注意事項を目立つ形で表示できます。また、緊急時のアラートや避難経路の案内などもすぐに表示できるので、工場内の安全性が大幅に向上します。さらに、ヒヤリハット情報の共有によって事故の未然防止にも役立ちます。

メリット3:従業員とのコミュニケーション強化

会社の方針や目標、重要なお知らせ、従業員の表彰情報などを効果的に伝達できます。また、従業員の誕生日や記念日の祝福メッセージを表示するなど、モチベーション向上や帰属意識の醸成にも活用できます。これにより、職場の雰囲気が改善され、生産性の向上にもつながります。

製造工場にデジタルサイネージを導入する際の注意点

壁面フラットサイネージ

利便性が高くメリットの多いデジタルサイネージですが、注意点についても理解しておきましょう。

注意点1:初期投資とランニングコストの負担を考慮する

デジタルサイネージシステムの導入には、ディスプレイ機器、ソフトウェア、ネットワーク設備などの初期投資が必要となります。また、電力消費、保守メンテナンス、コンテンツ更新など継続的なランニングコストも発生します。

中長期的な運用を視野に入れて、予算を確保する必要があります。

注意点2:個別のコミュニケーションを意識的に持つ必要がある

デジタルサイネージは動画や音声を使った効果的な訴求ができる一方で、デジタルサイネージに伝達事項を表示しただけで伝えた気になってはいけません。

一方的な情報伝達だけでなく、個別のコミュニケーションを意識して持つことが大切です。

製造工場のDX進めるデジタルサイネージのおすすめ活用方法

会議室のマルチディスプレイ

デジタルサイネージは画像や動画、音声を活用した様々な使い方ができるため、その活用方法は多岐に渡ります。製造工場におけるデジタルサイネージのおすすめ活用方法は以下の通りです。

①工場全体の生産進捗をデジタルサイネージでリアルタイムに可視化

②製品の品質データや検査結果を視覚的に表示して品質向上を促進

③会社から現場スタッフへの共有事項をわかりやすく表示

④製造機械や製品の仕様や特徴を視覚的に紹介し、従業員の理解を深める

⑤作業場での安全ガイドラインや注意事項をデジタルサイネージで効果的に伝達

⑥材料や製品の在庫状況をデジタルサイネージでリアルタイムに表示して生産計画に活用

⑦自社製品に対するお客様の声を表示し、作業員のモチベーションを上げる

⑧優れた業績を達成した従業員の功績を表示してモチベーション向上を図る

⑨製造業界の最新トレンドや技術動向をリアルタイムに共有

⑩従業員に向けた新しい作業手順やトレーニング動画を定期的に配信

それぞれの詳しい活用方法については、以下の関連記事で詳しく解説しています。合わせてご覧ください。

製造工場のDX進めるデジタルサイネージの活用方法10選!一緒に役立つ「電子ペーパー(電子棚札)」も紹介

​製造工場のおけるデジタルサイネージの導入事例3選

ユニックで輸送

ヤマトサイネージでは全国の製造工場へのデジタルサイネージの納品実績があります。1つずつ具体的な導入事例をご覧ください。

導入事例1:大規模工場の屋外にLEDビジョンを設置(岡山県)

岡山県内にある工場では、敷地内の屋外にデジタルサイネージを設置し、案内や注意喚起を行うためのコンテンツを表示しています。

屋外に設置しているため、防水・防塵対応の機種が選ばれており、雨風に打たれる環境でも安心してお使いいただけます。

直射日光が当たる環境下でもコンテンツの視認性を高めるために、高輝度のLEDビジョンが選ばれました。

岡山県の工場敷地内にLEDビジョンの設置

 

導入事例2:工場の施設壁面に液晶ディスプレイを設置(千葉県)

千葉県内の工場の施設壁面に75インチの液晶ディスプレイを設置した事例です。

デジタルサイネージを表面が強化ガラスで覆っているため、万が一のトラブルにも対応できる仕様に仕上げています。

今回の機種は75インチと比較的大きいサイズではありますが、遠くから見ることも想定して、表示するコンテンツは大きく見やすいデザインにすることもアドバイスさせていただきました。

このように、設置場所や選ばれた機種ごとに注意点が異なるので、最適な使い方ができるようにサポートさせていただいています。

工場施設に大型75インチの屋外用モニター

導入事例3:自動車メーカーの工場内会議室にマルチディスプレイを設置(福岡県)

福岡県内にある大手自動車メーカーの工場内会議室に、49インチの液晶ディスプレイを9台接続して、合計147インチとなるマルチディスプレイを6セット納品しました。

こちらの工場では、壁面への固定が困難な構造だったため、床にアンカーで自立させています。

工場内の安全を確保するために、多数の監視カメラが設置されており、設置した大型デジタルサイネージを分割して監視カメラの映像を同時に確認できる環境を整えました。

複数のモニターを組み合わせて構成するマルチディスプレイでは、それぞれの画面を分割して複数の異なるコンテンツを表示できます。使い方次第で様々な使い方ができるので、興味のある方は個別にご相談ください。

自動車工場に液晶マルチディスプレイを6セット設置

​​製造工場にデジタルサイネージを設置するなら「ヤマトサイネージ」へ

ヤマトサイネージとは?

今回は製造工場に特化したデジタルサイネージの活用方法や導入事例を解説しました。製造業の工場でも予算や目的により、導入すべき機種や台数は大きく異なります。

導入効果を高めるためにも、デジタルサイネージのプロフェッショナルである「ヤマトサイネージ」に全てお任せください。

限られた予算内でも導入できる方法もございます。まずはお気軽にお問い合わせください。

>>【無料相談】ヤマトサイネージに問い合わせる



デジタルサイネージメルマガ

登録
特典
あり

ダウンロード資料プレゼント!!

  • 15分でわかるデジタルサイネージ
  • 利用事例・価格事例20選

毎週1回お届けするヤマトサイネージメルマガにご登録いただくと、
今すぐデジタルサイネージを導⼊する予定のない⽅にもお役⽴ち情報満載です。

ご登録直後にお送りするメールにて特典ファイルをプレゼントいたします。