ベビー用品店電子ペーパー(電子棚札)デジタルサイネージ

電子ペーパー(電子棚札)を活用したベビー用品店DX10選!一緒に役立つデジタルサイネージも紹介

ベビー用品店電子ペーパー(電子棚札)デジタルサイネージ

ベビー用品店のDXに電子ペーパー(電子棚札)が大活躍!

DXは企業価値を高めるための取り組みであり、国も国内企業のDX化を強く推奨しています。アカチャンホンポや西松屋など多くの商品種類、店舗を持つベビー用品店を含め、効率的な運営と顧客満足度の向上を目指してDX化の波が高まっています。

セルフレジや在庫管理システムなど多くのデジタルツールが導入されており、特に「電子ペーパー(電子棚札)」の導入が注目されています。この記事では、電子ペーパー(電子棚札)の特徴と、ベビー用品店での具体的な利用方法についてご紹介します。

ベビー用品店の現状

ベビー用品店電子ペーパー(電子棚札)デジタルサイネージ

2022年のベビー関連ビジネス市場規模は前年比0.5%増の4兆3,537億円と推計されています。出生数は減少していますが、保育園市場の堅調さや、コロナ禍からの需要回復、価格改定効果により市場はプラス推移を維持しています。

少子化の進行による需要層の減少は続いていますが、インバウンド需要の回復、男性の育児参加の進展などにより市場は緩やかに拡大していくと見られています。しかし、アカチャンホンポや西松屋など多くの種類、店舗を持つ店舗では特に、人件費高騰や人手不足により顧客サービスの質の低下や販売力低下が課題となっています。

これらの課題に対応するためには、業務の自動化や顧客体験の向上を実現するDXが必要です。

ベビー用品店のDXとは何か?

ベビー用品店電子ペーパー(電子棚札)デジタルサイネージ

ベビー用品店でのDXとは、AIやIoTなどの最先端技術を駆使して店舗運営を効率化し、顧客体験を向上させることです。これにより、在庫管理の自動化や顧客サービスの向上を実現し、業務効率と市場競争力の両方が強化されます。

ベビー用品店では、セルフレジや在庫管理システムの導入に加えて、商品情報の表示や販促に活躍する電子ペーパー(電子棚札)の利用が注目されています。

次の章では、ベビー用品店における電子ペーパー(電子棚札)の利点をさらに詳しく解説します。

ベビー用品店のDXを推進する「電子ペーパー(電子棚札)」とは?

電子棚札

電子ペーパー(電子棚札)は、電子インクを用いて情報を表示するデバイスで、ベビー用品店の価格表示やプロモーション情報に利用されています。従来のディスプレイと異なり、情報更新時のみ電力を消費するため、エネルギー効率が非常に高く、環境にも優しいです。

ベビー用品店で電子ペーパー(電子棚札)を導入すると、遠隔からの一括更新が可能となり、価格や商品情報の伝達がより効率的になります。

また、電子ペーパー(電子棚札)はボタン電池で駆動し、店内どこにでも設置可能です。日に数回の更新であれば、電子ペーパーの電池交換は5年に一度で済むため、メンテナンスも容易です。

ベビー用品店では、電子ペーパー(電子棚札)を活用することで商品の魅力を効果的に伝え、お客様の購買体験を向上させることができます。電子ペーパーの価格や機能、導入事例などをさらに詳しく知りたい方は、下記関連ページをご覧ください。

電子棚札・電子ペーパー

電子ペーパー(電子棚札)を活用したベビー用品店DX方法10選

ベビー用品店電子ペーパー(電子棚札)デジタルサイネージ

電子ペーパー(電子棚札)を初めて耳にする方は、ベビー用品店での活用方法を具体的に想像するのは難しいかもしれません。そこで、ここからはベビー用品店での電子ペーパー(電子棚札)を活用したDX方法10選をご紹介します。

電子ペーパー(電子棚札)はレンタルも可能なのでDX入門としておすすめです。ご自身のベビー用品店において、どの場所に、どのように、どれくらいの規模で電子ペーパー(電子棚札)を導入するかを想像しながら読み進めていきましょう。

DX方法1:最新クーポンをNFCタッチで手軽にゲット

電子ペーパー(電子棚札)にNFC機能を搭載し、お客様がスマホをかざしてもらうだけで、おむつや離乳食などの割引クーポンを受け取ってもらえます。これにより、育児中のお母さんやお父さんが簡単に最新クーポンを取得でき、購買してもらいやすくなります。

自動で最新の情報になるので店員の表示交換の手間もありません。QRコードでの表示もおすすめなので、客層にあわせ使用しましょう。

DX方法2:在庫管理システムと同期し、常時正確な在庫データを表示

従来はベビー用品店の在庫数を把握するためには商品が売れた際に在庫数を手動で更新する必要があり、ベビー服やおもちゃの在庫状況がリアルタイムに把握しづらかったです。電子ペーパー(電子棚札)なら、在庫管理システムと連携することで、従業員もお客様もベビー用品の最新の在庫状況をつねに確認できます。

売り切れによる機会損失や過剰在庫の発生の解消に効果的です。

DX方法3:NFC技術を利用して、多言語対応で訪日客を迎える

訪日客にスマホをNFC機能搭載の電子ペーパー(電子棚札)にかざしてもらうだけで、商品情報をスマホに多言語表示できます。ベビーカーやチャイルドシートなどの詳細情報を、訪日客の母国語で簡単に理解してもらえ、おすすめです。

DX方法4:天気や曜日、時間に自動連動したベビー服やグッズPR

天気予報や曜日、時間に基づいて、商品の案内をすることは訴求力が高いです。しかし、従来の方法では更新頻度が多すぎて対応が難しかったです。電子ペーパー(電子棚札)を使用すれば、雨の日のレインカバー付きベビーカーや週末夕方のギフト用商品など推奨商品を自動的に更新できます。

天気や曜日、時間に合わせた商品を効果的にPRしましょう。

DX方法6:オンラインとオフラインをシームレスに連動

現在、アカチャンホンポのようにネット販売を実施しているベビー用品店も増えています。オンラインストアでの価格はECモールのセール都合によって変更が激しく、しばしば店頭価格との差によりクレームが発生しています。

店舗電子ペーパー(電子棚札)の表示を連動させることで、手間なく自動で同じ価格の表示が可能です。また、オンラインストアでのリアルタイムな売れ筋商品を自動表示することでネットでバスっている商品の購買も促せます。

DX方法5:タイムセールや期間限定クーポンをリアルタイム更新

限定セールや期間限定クーポンはベビー用品店の購買率向上に寄与します。期間限定のため、周知するための表示変更が手間でした。電子ペーパー(電子棚札)にいつからいつまで表示するかを設定していれば、アカチャンホンポ、西松屋などの店舗が多い場合でも簡単かつ一斉に表示を変更できます。

DX方法7:在庫状況に基づいて価格を調整し、無駄な値引きを防止

在庫状況に応じてベビー用品の価格を自動的に調整し、電子ペーパー(電子棚札)に表示しましょう。在庫が順調に減っている時の無駄な値引きを減らし、利益を最大化できます。

DX方法8:最新の人気・高評価商品をランキング形式で表示

ベビーカーやチャイルドシートなどの自社在庫システムと連動した人気ランキングや、ネットなどで話題になっている高評価商品の案内も電子ペーパー(電子棚札)を利用すれば簡単にできます。バンドワゴン効果を発揮して、お客様の購買意欲を高めましょう。

DX方法9:新着のSNSキャンペーンやレビューで購買促進

SNSに登録してもらえばおむつプレゼント!といった購買促進やリピーター獲得を狙うキャンペーンや、実際の商品レビューの掲載は効果的な施策です。しかし、情報の更新頻度が多くないと効果が少なく、アナログの案内では非効率でした。

自動更新で電子ペーパー(電子棚札)に表示すれば、最新の情報を常に掲載し、効果的な訴求が実施できます。

DX方法10:NFCで在庫ゼロ時に予約システムへすぐに案内

店舗に欲しい商品がなかった場合、多くの場合は他店舗やネット販売にお客様は流れてしまいます。NFC機能搭載の電子ペーパー(電子棚札)を利用し、お客様が簡単に予約できるようにすれば、在庫ゼロ時の機会損失を少なくするのに効果的です。

ベビー用品店のDXなら「デジタルサイネージ」もおすすめ

ベビー用品店電子ペーパー(電子棚札)デジタルサイネージ

電子ペーパー(電子棚札)を活用することで、ベビー用品店のDXを実現できることがおわかりいただけたでしょう。さらに、電子ペーパー(電子棚札)と相乗効果を発揮するツールとして「デジタルサイネージ」があります。

デジタルサイネージは、ベビー用品の特長を動画や音声で紹介するデジタルディスプレイです。赤ちゃんと一緒におもちゃを使って楽しむの映像や便利商品の実際の使用動画などを通じて、「この製品を使うと良さそう!」という親御さんや親族の興味を引き出すことができます。

電子ペーパー(電子棚札)だけでは伝えにくい情報も、デジタルサイネージと組み合わせると効果的に伝達可能です。ベビー用品店の入り口や店内の注目を集める場所にデジタルサイネージを設置し、魅力的なコンテンツを表示することで、親御さんや親族の関心を高められます。

商品の詳細情報は電子ペーパー(電子棚札)で提供することで、より大きな相乗効果が期待できます。デジタルサイネージの参考価格や、ベビー用品店のような販売店でのDX成功事例についての詳細は、関連する下記特集でご確認いただけます。

デジタルサイネージとは

ヤマトサイネージの電子ペーパー(電子棚札)でベビー用品店のDXを推進しませんか?

ヤマトサイネージとは?

ベビー用品店に電子ペーパー(電子棚札)やデジタルサイネージを導入することで、店舗のDXを大きく貢献します。実際に多くの販売店が電子ペーパー(電子棚札)を導入しDXに成功しています。

しかし、大手企業への依頼はコストが高くなる場合もありますし、実績が少ない企業では不安もあるかもしれません。そこで、実績とコストパフォーマンスで定評のある「ヤマトサイネージ」にて導入をご検討いただきたいです。

ヤマトサイネージは、小売業界における多数のクライアントに電子ペーパー(電子棚札)を提供してきた「株式会社GRトレード」との提携もしており安心してご利用いただけます。

ベビー用品店のDX化を進めたいとお考えでしたら、電子ペーパー(電子棚札)はレンタルプランもございますので、ぜひお気軽にご相談ください。お客様の予算やニーズに合わせた最適な導入プランをご提案させていただきます。

>>【無料相談】ヤマトサイネージに問い合わせる



Warning: Attempt to read property "ID" on string in /home/ys8010/yamato-signage.com/public_html/wp-content/themes/_blank/template-parts/content-page-related-post_type.php on line 40


デジタルサイネージメルマガ

登録
特典
あり

ダウンロード資料プレゼント!!

  • 15分でわかるデジタルサイネージ
  • 利用事例・価格事例20選

毎週1回お届けするヤマトサイネージメルマガにご登録いただくと、
今すぐデジタルサイネージを導⼊する予定のない⽅にもお役⽴ち情報満載です。

ご登録直後にお送りするメールにて特典ファイルをプレゼントいたします。