パソコンショップの「電子ペーパー(電子棚札)」活用方法10選!DXに役立つデジタルサイネージも紹介

パソコンショップのDXには電子ペーパー(電子棚札)が効果的!

AI技術を始めとする最新テクノロジーを社会実装するのに必要なパソコンですが、そのパソコンを販売するショップがアナログな手法で販売を続けるわけにはいきませんよね?

常に最新テクノロジーを駆使しつつ、効率的かつ効果的な売り場づくりをしなければなりません。

パソコンショップのDXを推進するツールとして注目されているのが「電子ペーパー(電子棚札)」です。電子ペーパー(電子棚札)を使うことで、業務効率化や顧客満足度の向上を実現できます。

そこで今回の記事では、パソコンショップにおける電子ペーパー(電子棚札)の活用方法を10種類ご紹介します。

パソコンショップの現状

スマホで完結するWebサービスが増えていることもあり、パソコンショップの市場は縮小すると見られていましたが、直近の数年は1〜2%の成長を続けています。

日本国内のパソコンショップのシェアの上位を占める「サードウェーブ」「ピーシーデポコーポレーション」「ソフマップ」「ユニットコム」「アプライド」を中心に、多くのパソコンショップがしのぎを削っており、競争が激化している業界です。

一方で、コロナ禍をきっかけにECサイトでの販売も活性化しており、ユーザーも実店舗で実機を見ずにECサイトでパソコンを購入することが当たり前になっています。

今後はどのパソコンショップでも、実店舗とECサイトの相乗効果を生む施策が必要となります。

パソコンショップのDXを推進する「電子ペーパー(電子棚札)」とは?

電子ペーパーとは、電子的なインクを使用して、文字や画像を表示するためのディスプレイ技術の一種です。通常の液晶ディスプレイとは異なり、電力を消費するのは情報を変更する時だけで、表示した情報は消費電力がほとんどかからないという特徴があります。

この技術を利用した電子ペーパーは、書籍リーダーや電子棚札、デジタルサイネージなどさまざまな分野で利用されています。

電子ペーパー(電子棚札)の詳細は、以下の関連ページを合わせてご覧ください。

電子棚札・電子ペーパー

パソコンショップでの電子ペーパー(電子棚札)の活用方法10選

小売業、製造業、物流業など、様々な業界で導入が進んでいる電子ペーパー(電子棚札)ですが、パソコンショップにも導入することで様々なメリットが考えられます。

パソコンショップに電子ペーパー(電子棚札)を導入することで、業務効率化だけでなく、顧客満足度の向上や売上アップにも繋がる可能性があります。

自社のショップに導入したらどうなる?と想像しながら、読み進めてください。

活用方法1:店内に陳列した商品価格を一斉変更

パソコンショップを始めとする小売店が電子ペーパー(電子棚札)を導入する一番の目的は「値札交換の自動化」です。

商品を置く陳列棚に設置している紙の値札の代わりに電子ペーパー(電子棚札)を設置して、電子ペーパー(電子棚札)システムと商品管理システムをAPI連携させることで、パソコン操作で遠隔かつ一斉に値札の表示内容を変更できます。

値札の張り替えミスや1日の中で時間帯によって値段を変動させる時にも、店舗スタッフの手間を減らせるので便利です。

活用方法2:実店舗とECサイトの価格を自動連動

パソコンショップの多くは、ECサイトでの販売を強化しています。その際に競合となるのは、楽天やAmazonという大手ECプラットフォームですが、楽天やAmazonでは1日の中で何度も価格を変えながら利益の最大化を目指しています。

そのため、ECサイトで商品を販売する企業もそれに合わせて、価格を最適化することが必要です。

しかし、ECサイトだけでなく実店舗も合わせて運営している企業では、同じ商品なのにECサイトと実店舗の価格が異なっていると、お客様への印象が悪くなるリスクがあります。

そこでECサイトと実店舗に設置している電子ペーパー(電子棚札)をAPI連携させることで、ECサイトと実店舗の表示価格を連動でき、手間なく価格を最適化できるので攻めた価格設定が可能になります。

活用方法3:実店舗とECサイトに相乗効果を生む

近年は実店舗で商品を探し操作性を確認してから、ECサイトを検索して価格が一番安いECサイトで購入する消費者も増えています。

実店舗を運営している企業が大手ECプラットフォームに勝つためには、実店舗とECサイトの両方を持つことを強みにしなければなりません。

具体的にはECサイトで買ったお客様は、万が一壊れた時の修理の対応を受けやすくしたり、ECサイトで決めかねているお客様を実店舗に誘導してセールストークで最終的な購入を促したりと、ECサイトと実店舗で相乗効果を生む施策が必要です。

パソコンショップの実店舗とECサイトを連動させるには、店舗の電子ペーパー(電子棚札)を設置し、QRコードを表示してスマホで読み取りやすい環境を整えたり、電子ペーパー(電子棚札)に付随するNFC機能を使い、スマホをかざすだけでECサイトに瞬時に飛べるようにしたりする施策が効果的です。

活用方法4:パソコンのスペックの詳細情報を表示

ユーザーがパソコンを選ぶ際には、機種ごとのスペックの詳細を確認します。

以前まではスペックの見方がわからないユーザーが大半でしたが、近年はYouTubeやSNSで「パソコンの選び方」「ユーザーごとの最適なスペックの選び方」に関する動画が多くアップロードされており、パソコンのスペックをしっかりと選べるユーザーも増えています。

店舗にも電子ペーパー(電子棚札)で細かいスペックを丁寧に表示しておくことで、お客様から選ばれる理由の1つになり、売上アップにも効果的です。

活用方法5:同じ価格帯のパソコンの比較情報を表示

ユーザーが店頭でパソコンを選ぶ際には、どのパソコンを買うべきか決めかねるシーンも多々ありますが、おおよその予算だけは決めて店頭に来るケースが大半です。

そこで、店頭にタブレットサイズの電子ペーパー(電子棚札)を設置して、同じ価格帯のパソコンを比較することで、ユーザーは自分に合った商品を選びやすくなります。

単にスペックの比較情報を載せるだけでなく、ユーザーの利用シーンに応じた特徴も記載することで、さらに選びやすくなり、購入に繋がりやすくなります。

活用方法6:他のデバイスやアクセサリーとのセット販売の促進

パソコンは安くても数万円から数十万円はするため、ユーザーもある程度の予算を決めて、商品を購入するつもりで来店します。

対象のパソコンと相性の良いスマートフォンやスマートウォッチ、パソコンケースなどを合わせて訴求しましょう。

お得なセット料金や複数のデジタルデバイスを合わせて使っているイメージ画像を電子ペーパー(電子棚札)に表示することで、ユーザーにほしい!と思ってもらいやすくなるのでおすすめです。

活用方法7:パソコン関連の最新テクノロジーを共有して販売促進

近年は様々なデジタルツールにAIを活用することで、今まで以上にパソコン1台でできることが増えています。

パソコンショップに来店したユーザーにも、店頭に並んでいるパソコンで最新のデジタルテクノロジーを駆使することで、より便利により革新的に仕事や生活が豊かになる方法を共有しましょう。

電子ペーパー(電子棚札)に最新テクノロジーのチュートリアル画像を表示したり、おすすめのデジタルツールのリンクをQRコードで表示したりすることが効果的です。

活用方法8:パソコン購入後にすべきセットアップガイドを表示

パソコンショップに来るユーザーの中には、初めてパソコンを購入する方も多いです。

パソコンを購入後に日常生活で使えるようになるまでに行うべきことをリストアップして、電子ペーパー(電子棚札)に表示することで、初めてパソコンを買うユーザーが安心して購入できるようになります。

電子ペーパー(電子棚札)に画像と文章を駆使して、購入後のセットアップガイドをわかりやすく表示することで、より安心感が増すのでおすすめです。

活用方法9:修理やアフターサポートの情報を表示

価格が安いECサイトではなく、あえて実店舗でパソコンの購入を検討する方の中には、多少高くてもいいから困った時に気軽に相談できる関係性を築きたいと考えている方も多くいます。

しかし、ユーザーの中には店員に話しかけると商品を絶対に買わないといけないとプレッシャーを感じて、質問があっても聞けない人も多いです。

そこで、店頭に電子ペーパー(電子棚札)でパソコンの修理やアフターサポートについての情報をあらかじめ掲載しておくことで、ユーザーが安心して商品を選びやすくなります。

活用方法10:パソコンを使ったデジタルライフスタイルの提案

コロナ禍をきっかけに、リモートワークができるようになったり、副業でWebライターや動画編集の仕事を始めたりと、パソコンを使う新しいライフスタイルが始まった方も多いのではないでしょうか?

時間と場所に囚われない働き方に憧れている方がパソコンショップに来て、その第一歩を踏み出そうとしている方も多いです。

そこでパソコンショップの店頭に電子ペーパー(電子棚札)を設置して、パソコンを使ったリモートワークやWebフリーランスとして働き方の選択肢を提示することで、パソコンの購買に繋がりやすくなります。

パソコンショップのDXなら「デジタルサイネージ」もおすすめ

パソコンショップで電子ペーパー(電子棚札)を使って、様々な業務効率化や商品の訴求ができるとご紹介しましたが、電子ペーパー(電子棚札)の弱点としては「動画や音声コンテンツの配信に弱い」ことが挙げられます。

電子ペーパー(電子棚札)の弱点を補うために、合わせて導入したいのが「デジタルサイネージ」です。

デジタルサイネージは、液晶ディスプレイやLEDビジョンというデジタルモニターを使って、動画や音声を駆使したデジタルコンテンツを表示するためのデジタル看板です。

パソコンがある生活のイメージ動画を流すことで、ユーザーに「こんな生活・働き方がしたい!」と思ってもらいやすくなり、電子ペーパー(電子棚札)単体よりも訴求力が高まります。

デジタルサイネージは店舗の入り口や目立つところに設置し、目立つコンテンツを表示しつつ、デジタルサイネージだけではカバーしきれない商品ごとの細かい情報を電子ペーパー(電子棚札)に表示すれば、相乗効果が生み出せるのでおすすめです。

デジタルサイネージについてより詳しく知りたい方は、以下の関連ページも合わせてご覧ください。

デジタルサイネージとは

ヤマトサイネージの電子ペーパー(電子棚札)でパソコンショップのDXを推進しませんか?

パソコンショップに電子ペーパー(電子棚札)やデジタルサイネージを設置することで、パソコンショップのDXを大幅に推進可能です。

電子ペーパー(電子棚札)やデジタルサイネージの設置を検討したいけど、大手企業に依頼すると高いし、実績の少ない中小企業は不安という方も多いのではないでしょうか?

そのような方々には、導入実績が豊富で、製品の品質も高いと好評の「ヤマトサイネージ」にお任せください。

ヤマトサイネージは、某大手家電量販店の全国数百店舗に電子ペーパー(電子棚札)を導入した「株式会社GRトレード」と提携しており、品質と実績は大企業も認めるお墨付きです。

デジタルサイネージは製品の設計から製造、販売、施工までのヤマトサイネージがワンストップで行っており、日本全国の様々な業種への導入実績があります。

電子ペーパー(電子棚札)やデジタルサイネージを導入して、店舗のDXを推進したいと考えている方は、まずはお気軽にご相談ください。お客様のご予算やご要望に合わせて、最適な導入プランをご提案させていただきます。

>>【無料相談】ヤマトサイネージに問い合わせる




デジタルサイネージメルマガ

登録
特典
あり

ダウンロード資料プレゼント!!

  • 15分でわかるデジタルサイネージ
  • 利用事例・価格事例20選

毎週1回お届けするヤマトサイネージメルマガにご登録いただくと、
今すぐデジタルサイネージを導⼊する予定のない⽅にもお役⽴ち情報満載です。

ご登録直後にお送りするメールにて特典ファイルをプレゼントいたします。