ヤマトサイネージ

デジタルサイネージの市場規模

㈱富士キメラ総研「デジタルサイネージ市場総調査2019」をもとに、デジタルサイネージの市場規模についてご説明します。

拡大傾向にあるデジタルサイネージ導入

拡大傾向にあるデジタルサイネージ導入

2000年代に入り本格的に広がりを見せたデジタルサイネージ市場は、当初金融機関や交通機関への導入が主であり、高いシェアを誇っていました。 以降ネットワークの整備が進み、システムや機材のローコスト化されたことが理由で商業施設や公共施設、教育機関など幅広い分野で導入が進んでいます。

導入の理由として挙げられるのが、制作から手元に届くまでに時間がかかり、貼り換え作業の手間がかかるポスターからの置き換えです。 デジタルサイネージ導入でよりスムーズに情報掲示ができること、スタッフの業務軽減で生まれる士気向上などの効果が期待できます。

2018年の市場規模は約1650億円(2017年比約115%)となっており、2025年には3000億円を超す規模にまで成長すると見込まれています。

デジタルサイネージ市場とは?

デジタルサイネージの市場は以下の3つに分類され、その合計をデジタルサイネージ市場としています。

  • ①デジタルサイネージを利用した広告市場初期導入時に機材を揃えるための費用が発生する。台数が多ければなおさら。
  • ②システム販売、機器構築市場クラウド型の場合はサーバー接続が必須条件となり、外部侵入の可能性を否定できない。
  • ③コンテンツ制作と配信サービス市場電気代やクラウド型の場合はサーバー利用料、CMS利用料などの月額ランニングが発生する。

①と②で全体の約80%を担っており、今後もその傾向が続くと予想されます。

Mail Magazine

ダウンロード無料プレゼント。15分でわかるデジタルサイネージ、利用事例・価格事例20選

毎週1回お届けするヤマトサイネージメルマガにご登録いただくと、
今すぐデジタルサイネージを導⼊する予定のない⽅にもお役⽴ち情報満載です。

登録はこちらから

※ご登録直後にお送りするメールにて特典ファイルをプレゼントいたします。