カメラ店 電子ペーパー(電子棚札)

カメラ店の「電子ペーパー(電子棚札)」活用方法10選!DXに役立つデジタルサイネージも紹介

カメラ店 電子ペーパー(電子棚札)

カメラ店のDXには電子ペーパー(電子棚札)が効果的!

現在、さまざまな店舗でDXが進行中です。カメラ店でもスタッフ不足解消や訴求効果向上などを実現するためにDXの需要が高まっています。

在庫管理システムやセルフレジをはじめ、さまざまなデジタルツールが活用されています。そんな中、カメラ店のDXを実現するために注目されているのが「電子ペーパー(電子棚札)」です。

今回は電子ペーパーの特徴や、カメラ店でのDX化に貢献する具体的な活用方法について説明します。

カメラ店の現状

カメラ店 電子ペーパー(電子棚札)

2022年のデジタルカメラの総出荷台数は前年比4.2%減の801万台となり、2011年からの11年間で93%も縮小しました。スマートフォンの普及が主な要因で、特に初心者向けのコンパクトカメラが影響を受け、スマートフォンにシェアを奪われています。

デジタルカメラ市場は大きく縮小し、写真撮影の主流がカメラからスマートフォンへと移行しました。2021年は出荷台数は減少したものの、高画質ミラーレスカメラや交換レンズ、インスタントカメラが好調で業績は反発しています。

若者や外国人の中でのコンパクトデジカメ、フィルムカメラの人気が高まるなど新たな需要も発生しています。売上減少や新たな需要発生があるなか人手不足や業務効率化など課題が必要です。

課題解決を図るために、電子ペーパー(電子棚札)によるDX推進が求められています。

カメラ店のDXを推進する「電子ペーパー(電子棚札)」とは?


売上減少や新たな需要が発生しているカメラ店では、競争力の強化が急務となっています。カメラ店のDXを推進してくれるデジタルツールは数多くありますが、そのなかでも特に脚光を浴びているのが「電子ペーパー」です。

電子ペーパーとは、電子的なインクを使用して文字や画像を表示する機器です。書籍リーダーや電子棚札などさまざまな分野で利用されています。

液晶ディスプレイとは異なり、電力を消費するのは情報を変更する際だけで消費電力がほとんどかかりません。

カメラ店に電子ペーパー(電子棚札)を設置すると遠隔操作で一斉に表示内容を変更でき、効率的に情報伝達が可能になります。

この電子ペーパー(電子棚札)はボタン電池で稼働するため、自由に設置場所を選べるのも大きな利点です。表示内容を1日に2〜3回変更する使用頻度であれば、5年近くも一切電池を交換する必要がありません。

この他にも電子ペーパーにはカメラ店での様々な活用方法があります。より詳しく知ってもらえるように次の項目で活用方法を解説します。

電子ペーパー(電子棚札)の詳細は、以下の関連ページを合わせてご覧ください。

電子棚札・電子ペーパー

カメラ店での電子ペーパー(電子棚札)の活用方法10選

今回「電子ペーパー(電子棚札)」のことを初めて知った方の中には、まだ電子ペーパー(電子棚札)の導入効果をイメージしにくいという方も多くいるかもしれません。そこで、ここからは電子ペーパーの活用方法を10選紹介します。

自社のカメラ店でどのように導入するのかをイメージしながら読み進めてください。

活用方法1:店内商品の価格をリアルタイム更新

店内全品5%offなどを実施する場合、従来使われている紙の値札では、店舗内全商品の値引き価格を表示することは大変でした。電子ペーパー(電子棚札)を活用することで店内商品の価格を一斉にセール価格に更新できます。

セールや特別イベントなどの際に即座に価格変更が反映され、お客様に最新の情報を提供でき、購買意欲向上が期待されます。また多店舗展開し、仕入れ値の変更による価格変更が複数必要な場合も便利です。

活用方法2:実店舗とECサイトの価格を連動

カメラ店ではECサイトも同時に運営している店舗もあります。ECサイトではモールのイベントや、他店に対抗するために価格変更が必要です。

ECサイトで価格変更を実施した際に実店舗で価格の差があるとクレームに繋がる可能性があります。電子ペーパー(電子棚札)を利用することで価格を連動して表示でき、リアルタイム更新により価格差が発生しません。

活用方法3:ショーケース内の高額商品のセキュリティ対策

盗難対策として、高額商品を頑丈なショーケースに入れたり、セキュリティシステムを導入したりしています。価格が変動する商品の値札の交換の場合、セキュリティ対策があるために手間がかかります。

電子ペーパー(電子棚札)を使用することでショーケースを開けなくても価格の変更ができるため簡単です。また、開けた際にセキュリティロックを忘れる心配もなくなり、安全な運営ができます。

活用方法4:実店舗とECサイトの相乗効果を創出

実店舗は商品を実際に見れ、触れるため購入してもらいやすいですがスペースに限りがあります。
在庫の少ない人気モデルや特色などはECサイトにしか在庫がない場合もあります。

店内に在庫がない場合には、電子ペーパー(電子棚札)に表示したQRコードからECサイトに誘導可能です。お客様が欲しい商品がない場合も、似た製品を実際に見ながらECサイトで購入していただけます。

活用方法5:商品のレビューや比較情報を表示

ECサイトの普及もあり、お客様は商品のレビューや比較情報を重視しています。特に購入者のレビュー評価は、店舗が直接伝える情報よりも利害関係のない第三者が発信する情報として信頼性が増す「ウインザー効果」が発揮されます。

電子ペーパー(電子棚札)に商品のレビューや比較情報も表示することで、。店内で商品を選ぶお客様の判断基準として効果的です。

活用方法6:セット販売の促進

在庫の有効活用や客単価を向上させるために、関連商品をセットで販売することが効果的です。しかし商品や在庫状況により、都度表示の内容を変更するのは大変です。

電子ペーパー(電子棚札)を活用することで、関連する商品やセット割引情報を魅力的に表示できます。お客様にお得感を感じてもらい、購買を促せます。

活用方法7:撮影テクニックや使い方のガイドを表示

カメラ店でカメラの購入を検討されている方の中には、すでにカメラ好きの方だけでなく、これからカメラに凝っていこうという方も多くいます。そのような方にはワンポイントアドバイスや上手に撮れるテクニックを伝えると喜んでいただけます。

電子ペーパー(電子棚札)で撮影テクニックやカメラの使い方のガイドも表示可能です。お客様は商品を購入する前に、実際に使っている場面を想像でき購買に繋がります。

活用方法8:QRコードから動画マニュアルへの誘導

お客様の中には実際にカメラを購入した後にどのように使用するか分からない方も多いです。製品の使用方法や設定手順をわかりやすく伝えるために、電子ペーパー(電子棚札)に動画マニュアルのQRコードを表示しましょう。

動画マニュアルを見て、お客様は製品の正しい使用方法を理解できます。「使用方法が分からない」や「うまく使えない」などの問い合わせが減り、顧客満足度向上に効果的です。

活用方法9:カメラのメンテナンス情報の表示

メンテナンスにどのくらい手間がかかるのか、どのような消耗品があるのかもお客様は気になります。カメラ販売時に、電子ペーパー(電子棚札)を使用してカメラのメンテナンス情報をお客様に提供しましょう。

メンテナンスのスケジュールや注意事項を表示し、カメラの長寿命化やトラブルの事前防止が可能です。メンテナンス用品の案内も実施でき、メンテナンス忘れを防止でき、売上向上も期待できます。

活用方法10:店内をよりスタイリッシュに装飾

カメラ店をスタイリッシュかつ高級感溢れる内装にこだわって装飾している店舗も多いです。電子ペーパー(電子棚札)はそのフォルム自体も洗練されており、従来の棚札やPOPよりもスタイリッシュに表示できます。

最先端の表示方法である電子ペーパー(電子棚札)でスタイリッシュに店舗を装飾しつつ、効果的に価格や案内を表示し訴求していきましょう。

カメラ店のDXなら「デジタルサイネージ」もおすすめ

カメラ店 デジタルサイネージ

電子ペーパー(電子棚札)を使って、様々な業務効率化や商品のアピールが可能とご紹介してきました。しかし、電子ペーパー(電子棚札)では、動画や音声コンテンツの伝達は難しいです。

そこでカメラ店のDX化をさらに図るために「デジタルサイネージ」を合わせて導入することが効果的です。デジタルサイネージは、液晶ディスプレイやLEDビジョンを使用して、動画や音声を活用したデジタルコンテンツを表示できる「デジタル看板」の総称です。

カメラの魅力を伝える動画を流すことで、ユーザーに「こんな写真・映像を撮りたい!」と感じてもらいやすくなり、電子ペーパー単体よりも訴求力が向上します。

デジタルサイネージを店舗の入り口や商品上など目立つ場所に設置し、注目のコンテンツを表示しましょう。デジタルサイネージだけでは伝えきれない商品ごとの詳細情報を電子ペーパー(電子棚札)に表示すれば、相乗効果が期待できるのでおすすめです。

動画や音声も活用できる、デジタルサイネージについてさらに詳しく知りたい方は以下の関連ページもご覧ください。

デジタルサイネージとは

ヤマトサイネージの電子ペーパー(電子棚札)でカメラ店のDXを推進しませんか?

ヤマトサイネージとは?

電子ペーパーやデジタルサイネージが、カメラ店のDX化において非常に高いパフォーマンスを発揮する手段として理解していただけたでしょうか?

電子ペーパー(電子棚札)の取付の方法や価格の目安など詳細についてさらに詳しく知りたい方は、以下の関連ページを合わせてご覧ください。

電子棚札・電子ペーパー

多くのカメラ店ではさまざまな課題を抱えており、DXによる解決が期待されています。DXを進めるツールとして「電子ペーパー(電子棚札)」や「デジタルサイネージ」が注目の存在で、各カメラ店が導入を検討しています。

いち早く導入して競合他社と差別化を図っていきましょう。電子ペーパー(電子棚札)やデジタルサイネージの設置をしたいけど、大手ではコストが高い。でも、実績の少ない企業は不安という方は「ヤマトサイネージ」にご相談ください。

ヤマトサイネージでは、大手企業様をはじめ全国数百店舗に電子ペーパー(電子棚札)を提供した「株式会社GRトレード」と連携しており、品質と実績は安心していただけます。

デジタルサイネージは製品の開発をはじめ、販売・設置、動画・静止画作成、映像の配信・運用管理まで、ヤマトサイネージが一気通貫で行っており、日本全国の様々な業種への導入実績が豊富です。

電子ペーパー(電子棚札)やデジタルサイネージはヤマトサイネージにご相談いただければ、予算や目的に応じて最適な機器や活用方法を提案させていただきます。経験とノウハウを最大限にもり込んだ、DX化によりカメラ店の売上・利益アップを実現しましょう。

カメラ店のDX化に興味をお持ちの方は、電子ペーパー(電子棚札)やデジタルサイネージの導入に関して、お気軽にヤマトサイネージまでお問い合わせください。

>>【無料相談】電子ペーパーやデジタルサイネージについてヤマトサイネージに問い合わせる




デジタルサイネージメルマガ

登録
特典
あり

ダウンロード資料プレゼント!!

  • 15分でわかるデジタルサイネージ
  • 利用事例・価格事例20選

毎週1回お届けするヤマトサイネージメルマガにご登録いただくと、
今すぐデジタルサイネージを導⼊する予定のない⽅にもお役⽴ち情報満載です。

ご登録直後にお送りするメールにて特典ファイルをプレゼントいたします。