ディスカウントストア 電子ペーパー(電子棚札)デジタルサイネージ

電子ペーパー(電子棚札)でのディスカウントストアDX10選!一緒に役立つデジタルサイネージも紹介

ディスカウントストア 電子ペーパー(電子棚札)デジタルサイネージ

ディスカウントストアのDXに電子ペーパー(電子棚札)が大活躍!

DXは企業価値を高めるための取り組みであり、国も労働生産性向上のために国内企業のDX化を強く推奨しています。ドン・キホーテ、ヴィレッジヴァンガード、トライアルなど多くの商品種類、店舗を持つディスカウントストアを含め、業務効率化と顧客満足度の向上による利益拡大を目指してDX化が進んでいます。

セルフレジや在庫管理システム、デジタルサイネージなど多くのデジタルツールが導入されており、特にディスカウントストアでは「電子ペーパー(電子棚札)」の導入が注目されています。この記事では、電子ペーパー(電子棚札)の特徴と、ディスカウントストアでの具体的なDX方法についてご紹介します。

ディスカウントストアの現状

ディスカウントストア 電子ペーパー(電子棚札)デジタルサイネージ

ディスカウントストア業界は、2022年度に初めて4兆円規模に達し、過去最高を更新しています。近年の値上げの影響もあり、消費者の「生活防衛意識」が高く、ディスカウントストアの需要が増加しているのが現状です。

需要が増加している市場ですが、価格競争の激化、差別化の必要性、コスト増加への対応など多くの課題に直面しています。これらの課題に対応するためには、効率的な運営や顧客体験の向上により利益確保を実現するDXが必要です。

ディスカウントストアのDXとは何か?

ディスカウントストア 電子ペーパー(電子棚札)デジタルサイネージ

ディスカウントストアでのDXとは、AIやIoTなどの最先端技術を駆使して店舗運営を効率化し、顧客体験を向上させることです。これにより、在庫管理の自動化や顧客サービスの向上を実現し、業務効率と市場競争力の両方が強化されます。

ディスカウントストアでは、セルフレジや在庫管理システムやデジタルサイネージの導入に加えて、商品情報の表示や販促に活用する電子ペーパー(電子棚札)の活用が注目されています。

次の章では、ディスカウントストアにおける電子ペーパー(電子棚札)のメリットをさらに詳しく解説します。

ディスカウントストアのDXを推進する「電子ペーパー(電子棚札)」とは?

ゴルフショップ ゴルフ用品店 電子ペーパー(電子棚札)デジタルサイネージ

ディスカウントストアのDXは、お客様にとっても店舗運営にとっても多くのメリットをもたらします。特に電子ペーパー(電子棚札)の導入は、大企業様をはじめ多く店舗様にてメリットを感じられており、おすすめです。

電子インク技術を活用したこのデバイスは、価格表示やプロモーション情報の更新を容易にし、従来の紙やアナログな表示に代わる省エネルギーかつ効果的な表示ツールです。

ディスカウントストアにおける電子ペーパー(電子棚札)の導入は、価格や商品情報をリアルタイムで更新することを可能にし、お客様が最新の情報を得られるようにします。また、遠隔操作での一括更新機能により、省人での価格管理が実現可能です。

電子ペーパー(電子棚札)は、ボタン電池で動作し、店内のどこにでも設置できるため、場所を選ばずに使用できます。定期的な更新が必要な場合でも、電池の寿命は約5年と長く、メンテナンスの手間を大幅に削減します。

ディスカウントストアでの電子ペーパー(電子棚札)の活用は、商品の魅力を効果的に伝え、お客様の満足度を向上させることが期待されます。価格や機能、ディスカウントストアと同様な小売業での導入事例についての詳細は、下記関連ページでご確認いただけます。

電子棚札・電子ペーパー

電子ペーパー(電子棚札)を活用したディスカウントストアDX方法10選

ディスカウントストア 電子ペーパー(電子棚札)デジタルサイネージ

電子ペーパー(電子棚札)について初めて聞く方や名前だけ聞いたことがあるという方は、ディスカウントストアでの活用方法を具体的に思い浮かべるのは難しいかもしれません。そこで、ここからはディスカウントストアでの電子ペーパー(電子棚札)の活用方法10選を詳しく説明します。

電子ペーパー(電子棚札)はレンタルも可能で、DXの初歩として適しています。あなたのディスカウントストアで、どの場所に、どのような形で、どのくらいの台数で電子ペーパー(電子棚札)を導入すると効果的なのかを考えながら文章を読み進めてみてください。

DX方法1:期間限定セール情報や特売情報を瞬時に反映

従来の紙製棚札では、期間限定の情報表示は必要時間に対して露出時間が短いため費用対効果が低かったです。しかし、電子ペーパー(電子棚札)を使用すれば、ドン・キホーテやヴィレッジヴァンガードのように商品数や店舗数が多い場合でも、簡単に表示交換ができ、効果的に期間限定の販促ができます。

DX方法2:最新のSNSキャンペーンや商品レビューを配信

SNSに登録してもらえばお菓子やPBグッズプレゼント!といった購買促進やリピーター獲得を狙うキャンペーンや、実際の商品レビューの掲載は効果的な施策です。しかし、情報の更新頻度が多くないと効果が少なく、アナログの案内では非効率でした。

電子ペーパー(電子棚札)に自動更新で情報を表示すれば、常に最新の内容を掲載し、効果的な訴求が実施できます。

DX方法3:在庫システムとの連携で常に最新の在庫情報表示

在庫切れによるお客様の不満は、ディスカウントストアにとって大きな痛手となります。電子ペーパー(電子棚札)を在庫システムと連携させることで、常に最新の在庫情報を表示し、従業員が確認することで、在庫切れによる購買機会の損失を防ぎましょう。

DX方法4:訪日客にもNFC機能でいつでも多言語対応

ディスカウントストアでは訪日客の利用も増えていますが、日本語の商品情報は理解しにくい場合が多いです。NFC機能搭載の電子ペーパー(電子棚札)に訪日客のスマホをかざしてもらうだけで、多言語の商品情報やキャンペーン情報を表示できます。

訪日客の母国語を話せる従業員なしでも、スムーズな買い物体験を提供でき、インバウンド需要獲得におすすめです。

DX方法5:天候や曜日、時間に自動連動したPR

ディスカウントストアに来店されるお客様の購買行動は、天候や曜日、時間帯によって変化します。電子ペーパー(電子棚札)を活用すれば、これらの条件に自動的に連動したあらかじめ設定したPR情報を表示可能です。

雨の日のレイングッズの訴求や週末のギフト需要などお客様のニーズに合致した商品を提案することで、購買促進に繋げられます。

DX方法6:最新クーポンをNFC機能で簡単に取得してもらう

クーポン配布は、ディスカウントストアに来店されたお客様の購買意欲を高める効果的な販促手段です。NFC機能搭載の電子ペーパー(電子棚札)にお客様のスマホをかざしてもらうだけで、最新クーポンを取得してもらえます。

お客様には簡単に取得してもらい、従業員は表示交換や配布の手間なく、クーポン利用にて売上アップをはかりましょう。さらに、クーポンの取得から使用までの利用状況を分析することで、より効果的な販促施策を展開することもできます。

DX方法7:オムニチャネル戦略の推進

今日、ヴィレッジヴァンガードやミスターマックスのようにネット販売を実施しているディスカウントストアも増えています。しかし、オンラインショップの価格はECモールのセールの状況により価格変動が大きく、たびたび店頭価格との違いからクレームが出ています。

店舗の電子ペーパー(電子棚札)の表示を連携させることで、手間をかけずに自動的に同じ価格を表示できます。さらに、オンラインショップでのリアルタイムな人気商品を自動的に表示することで、ネットで話題になっている商品の購入を促せます。

DX方法8:NFCで在庫ゼロ時にスムーズに予約へ誘導

店内に求めている商品が見つからない場合、お客様は不満を抱き、他の店舗やインターネット販売に移行していました。NFC機能付きの電子ペーパー(電子棚札)を活用して、お客様が手軽に予約できるようにすることで不満も減り、在庫切れ時の機会損失を減らせます。

DX方法9:AIを活用したダイナミックプライシングで利益最大化

AIを活用したダイナミックプライシングは、需要や競合状況に合わせて商品価格を自動的に調整する手法です。電子ペーパー(電子棚札)を活用することで、ダイナミックプライシングに基づいた価格を棚札にリアルタイムで反映でき、利益最大化に効果的です。

DX方法10:カテゴリー別売れ筋ランキングを表示し購買促進

お客様は、売れ筋商品をチェックすることで、購買の参考にするケースが多くあります。在庫システムと電子ペーパー(電子棚札)を連動すれば、カテゴリー別売れ筋ランキングを自動表示できます。バンドワゴン効果でお客様の購買意欲を高め、購買促進につなげましょう。

ディスカウントストアのDXなら「デジタルサイネージ」もおすすめ

ディスカウントストア 電子ペーパー(電子棚札)デジタルサイネージ

電子ペーパー(電子棚札)の活用により、ディスカウントストアのDXが実現可能になることを理解していただけたと思います。その上で、電子ペーパー(電子棚札)と共に効果を最大化するツールとして「デジタルサイネージ」をご紹介します。

デジタルサイネージは、ディスカウントストアの商品の特性や詳細を動画や音声で紹介するデジタルディスプレイのことです。商品の期間限定セット商品や特売商品の紹介などを動画や音声を交えて紹介でき、「この商品お得そうだから買ってみたい!」という消費者の購買意欲を引き出すことができます。

電子ペーパー(電子棚札)だけでは伝えきれない情報も、デジタルサイネージを組み合わせることで効果的に伝達できます。ディスカウントストアのエントランスや店内の目立つ場所にデジタルサイネージを設置し、魅力的なコンテンツを表示することで、お客様の関心を引きましょう。

商品の詳細情報は電子ペーパー(電子棚札)で提供することで、さらなる相乗効果が期待できます。デジタルサイネージの参考価格や、ディスカウントストアのような小売り業でのDX成功事例についての詳細は、以下のリンクからご確認いただけます。

デジタルサイネージとは

ヤマトサイネージの電子ペーパー(電子棚札)でディスカウントストアのDXを推進しませんか?

ヤマトサイネージとは?

ディスカウントストアに電子ペーパー(電子棚札)やデジタルサイネージを導入することで、店舗のDXは大きく推進できます。実際に小売業で電子ペーパー(電子棚札)を導入しDXにいたっている店舗も多いです。

しかし、大手企業への依頼はコストが高くなる場合もありますし、実績が少ない企業では不安かと思います。そこで、実績とコストパフォーマンスで評価されている「ヤマトサイネージ」での導入をご検討いただくことをお勧めします。

ヤマトサイネージは、小売業界における多くのクライアントに電子ペーパー(電子棚札)を提供してきた「株式会社GRトレード」と提携しており、安心してご利用いただけます。

ディスカウントストアのDX化を進めたいとお考えでしたら、電子ペーパー(電子棚札)のレンタルプランもご用意しておりますので、お気軽にご相談ください。お客様の予算やニーズに合わせた最適な導入プランをご提案させていただきます。

>>【無料相談】ヤマトサイネージに問い合わせる



Warning: Attempt to read property "ID" on string in /home/ys8010/yamato-signage.com/public_html/wp-content/themes/_blank/template-parts/content-page-related-post_type.php on line 40


デジタルサイネージメルマガ

登録
特典
あり

ダウンロード資料プレゼント!!

  • 15分でわかるデジタルサイネージ
  • 利用事例・価格事例20選

毎週1回お届けするヤマトサイネージメルマガにご登録いただくと、
今すぐデジタルサイネージを導⼊する予定のない⽅にもお役⽴ち情報満載です。

ご登録直後にお送りするメールにて特典ファイルをプレゼントいたします。