ヤマトサイネージ

タッチパネルデジタルサイネージとは?

一方的な広告などの情報配信だけではなく、インタラクティブ(双方向)な利用ができるタッチパネルサイネージ。 利用者は自分の求める情報を知ることができ、発信側は利用者をより深い部分まで誘導できるというメリットがあります。

タッチパネル機能を有するにはWindowsやAndroidなどのOSが必要となります。言わば大型のタブレットとも言えます。そう考えると理解しやすいと思います。

通常ディスプレイでの情報発信は不特定多数の通行人をターゲットにし、なるべく多くの人に見てほしいという概念です。 タッチパネルの場合はパーソナル(個人)を対象とするシステムです。ただし利用者がいないときはスクリーンセーバー的に映像配信することもでき、利用の幅が広がります。

導入のメリット

例えば飲食店でのランチタイム。混雑時にオーダーしようとスタッフを呼ぶが、忙しくてなかなか来てくれない。そんな経験はないでしょうか?タッチパネルサイネージはそのような状況の改善にも役立っています。

タッチパネルでのオーダーや会計システムなど、最近目にする機会が多くなっています。この導入目的は「人的コストの削減による顧客満足度の向上」です。

多くの業界で人手不足が深刻となる中、全ての業務を人の手で行うということが困難になってきています。また慢性的な業務負担の大きさにより、スタッフのモチベーション低下、 更には離職につながるというケースも少なくありません。限られた人的資源を業務のどこに注力するかによって、顧客の満足度が大きく変わってくるでしょう。

また、データの蓄積による分析ができる点も大きなメリットです。時間帯や季節によるデータの収集を分析することで、今後の戦力を考える上での手助けとなることは間違いないでしょう。

導入の注意点

機器の価格低下で導入しやすくなったタッチパネルサイネージですが、導入の際に最も重要なのはシステムです。タッチでの誘導システムは複雑になるほど構築に時間を要するため、その開発費も考えておかないといけません。

設置環境も大きなポイントです。タッチパネルは利用者に触ってもらうことが最大の目的です。利用者層や場所をリサーチし、より効果が求められる環境に設置するようにしましょう。

Mail Magazine

ダウンロード無料プレゼント。15分でわかるデジタルサイネージ、利用事例・価格事例20選

毎週1回お届けするヤマトサイネージメルマガにご登録いただくと、
今すぐデジタルサイネージを導⼊する予定のない⽅にもお役⽴ち情報満載です。

登録はこちらから

※ご登録直後にお送りするメールにて特典ファイルをプレゼントいたします。