ヤマトサイネージ広報部です。



「4K対応だから映像もきれいだし、おすすめです!」





家電量販店でそんな声をかけられました。
でもですね、そもそもテレビが「4Kだからキレイ」ってのは間違いなんですよね。



ポイントは4K「対応」ってところ。



これはテレビ側が4Kの解像度で表現するスペックがある、ってだけのことで、
肝心の配信データ側が4Kじゃなかったら意味がないんです。



残念ながら現在の地上波テレビ番組は2Kのフルハイビジョン放送。
なのでテレビモニターは4K対応でも、2Kの映像を見てるんですよね…



例えば初代スーパーマリオブラザーズを4Kテレビに映したとします。





当然昔は4Kなんて概念はないので、いくら高解像度のモニターに映しても、
映像がきれいになるわけではないんです。



この考え方はデジタルサイネージでも同じで、
モニターのスペックに応じた解像度のコンテンツデータとプレイヤーの選定が大切です。



家庭でゲームやブルーレイを個人的に楽しむなら良いですが、
デジタルサイネージにそこまでの高画質を求めなくて良い気もしますが…



ただ、超大画面の場合は少しお話が変わってきます。



興味のある方も無い方も、もしよろしければ以下リンクの記事をご参考ください。
知ってて損はない内容です!





では、また。