レストランにおすすめのデジタルサイネージ【事例・価格】

検討中リスト

検討リスト

検討リストに何も追加されていません。

お電話でのお問い合わせ
営業時間/平日9:30~17:30

いーわ サイネージフリーダイヤル0120-18-3102

担当者に転送されている場合があります。


検討中

検討リスト

検討リストに何も追加されていません。

お電話でお問合せ
フリーダイヤル0120-18-3102
レンタルお問合せ
メールメールフォーム
購入・総合お問合せ
メールメールフォーム

レストランにおすすめのデジタルサイネージ【事例・価格】

レストランにデジタルサイネージを導入するメリット・デメリット

レストランに代表される外食産業では、デジタルサイネージの導入が加速的に進んでいます。ここでは飲食店でデジタルサイネージを活用するために抑えておきたいポイントをご紹介します。

メリット

【訴求力のUPによる来店数の増加】

エントランスに設置する場合は従来の看板やポスターの要素に加えて、動画やスライド効果による「動き」を表現できるデジタルサイネージは目に止まりやすいため、店舗のアイキャッチに適しています。環境が許せば音声を出すことでより注目を得て、店舗の存在感を上げることができます。すぐの来店にはつながらなかったとしても、新規の見込み客を獲得するツールとなるでしょう。
【売上・リピート率のUP】
エントランスのデジタルサイネージが集客目的であるとしたら、店内に配置するサイネージは客単価UPやリピーター獲得をメインとしたものになります。店内はオーダー待ちや飲食で、お客さんがしばらく滞在する場所です。「もう一品」のオーダーを得るための広告も良し、雰囲気を重視したコンテンツで居心地の良さを提供してリピーター獲得を狙うこともできます。
【スタッフの労働意欲維持に貢献】
看板やポスターの貼替え作業は地味ですが案外時間を取られ、本来注力するべき業務の支障となる場合があります。デジタルサイネージを使用することは即ちこの様な作業を無くすことができ、業務の効率化や時間的・人的コストの節約につながります。働きやすい環境を整えることは従業員のモチベーション維持に貢献します。
【チェーン店舗では一括管理も】
同一ブランドで多店舗化されている場合はクラウドによる本部一括管理が便利です。店舗スタッフの手を煩わすことなくデジタルサイネージの運用が可能になります。新作メニューが発売されたり、シーズンごとにやり直していた紙媒体をサイネージ化することで、広告宣伝費を抑えることができます。

デメリットと懸念材料

【初期導入コストがかかる】

デジタルサイネージ導入には当然機材導入コストがかかります。しかし、万一のことを考えると手元にキャッシュを残しておきたいのも本音です。また、購入の場合は会社の資産扱いとなるので決算上都合が良くないとのお声があるのも事実です。弊社ではリースの扱いも行っていますので、ご希望がございしたらご相談ください。
【機械の操作が不安】
初めて検討される方は「導入しても使いこなせるか不安」という部分がネックとなるケースも多いでしょう。デジタルサイネージという専門用語が余計に難しそうなイメージを駆り立てますが、お困りごとを解消するために私達がいます。運用に慣れるまではぜひ私達を頼ってください。
【故障】
デジタルサイネージに関わらずどんな機械でも故障が起きないとは限りません。トラブル発生時は現場のスタッフが付きっきりで対応するわけにもいかず、そもそもすぐに直るかどうかの判断もつきません。弊社では万一のトラブル時でも最速で対応できるよう、緊急用の代替え機をご用意しています。時間を要す修理が発生しても早急な対応を目指し、極力営業にご迷惑をおかけしない体制を整えています。
【設置スペース】
デジタルサイネージに興味はあるが、スペースを取られて手狭になるのが嫌だとお考えの方もいらっしゃると思います。サイネージには様々な設置方法があります。今までスペースの問題で設置を諦めていた方はご相談ください。豊富な経験を元にアドバイスします。
【費用対効果の採算が取れるか?】
お客様にとっては費用対効果が得られるのかどうかが最も懸念される部分です。デジタルサイネージは店舗開発と同じ考えで検討されると良いでしょう。店舗で大切なのは「商品」と「立地条件」です。これをサイネージに当てはめると「商品=コンテンツ」、「立地条件=設置場所」というように置き換えることができます。最適なコンテンツを最適な場所で流すことが重要です。

こんなコンテンツがおすすめ

【エントランス周辺】

エントランスや外壁、ガラス越しに屋外へ向けての「集客目的」サイネージで重要なことは、とにかく分かりやすくインパクトに長けたコンテンツが最適です。通行人は殆どの場合、わざわざ立ち止まって見ることはありません。一瞬目を向けた瞬間にひと目で理解できる内容が求められます。シズル感満載のメニューを大きな映像で映したり、テキストは簡潔に大きな文字で表現するのが良いでしょう。また、動画だと一瞬では伝わりにくいので、交差点などに隣接するような店舗以外ではスライドショーの方が良いと感じます。
【店内】
カウンターやレジ周辺は一定時間お客さんが立ち止まるスペースです。即ちデジタルサイネージを見て貰える確率が上がります。店内で広告を目的としたサイネージは、「客単価のUP」や「リピーターの獲得」を重視するのがベターです。多少細かい内容でも見てもらえるという点がエントランス設置と異なる点です。同じメニュー表示でも材料の産地を記載したり、キャンペーンの告知なども良いかもしれません。客席には店内演出用の風景動画を流すのも手です。居心地の良い空間を作ることで店舗のイメージアップが期待できます。
【インバウンド対策】
繁華街や観光地等の立地である場合はインバウンド収益を得るために、多言語表示のコンテンツもおすすめです。外国語の貼り紙をペタペタ貼らずとも省スペースで掲示できるデジタルサイネージは、旅行先で不安な外国人観光客にもわかりやすい告知ができ、店舗にとって有益に働くでしょう。

活用事例

※画像をクリックしていただくと詳細ページを表示します。
浅草/おむすび店(43インチ屋内用高輝度液晶・ウインドウ設置)
都内/カフェ&ラウンジ(55インチ×27台使用・屋内大型液晶マルチビジョン)
岡山駅前/飲食店ビル(4mmピッチ屋外用LEDビジョンW1600mm×H960mm)
京都・祇園/中華レストラン(55インチ×9台使用・屋内大型液晶マルチビジョン)
都内/レストラン(43インチ屋内液晶・イーゼルスタンド)
静岡・三島駅前/焼肉店(55インチ屋外用高輝度防水液晶・壁面設置)

レストラン向けサイネージの価格相場

【屋内エントランス】約15万円~30万円

液晶ディスプレイのイーゼルスタンド取り付けや壁面設置がおすすめです。インチサイズは43インチ~55インチが良いでしょう。
【店内】約15万円~50万円
店内スペースは場所を取らない壁面設置が良いでしょう。43インチ~65インチ程度で検討する方が多いです。
【店内大型】約150万円~350万円
エンターテイメント要素や店内イメージの演出を求める場合は大型液晶マルチをご検討ください。液晶ディスプレイを4台または9台使用するのがスタンダードです。
【屋外エントランス】約60万円~120万円
43インチ~55インチ程度での液晶壁面設置が良いでしょう。防水機能のあるもの、高輝度であることが条件となります。
【屋外LEDビジョン】約100万円~ 好きな大きさに構築できるLEDビジョン。1.5㎡~が目立ちやすく解像度も気になりにくいサイズとなります。

レストラン向けサイネージを選ぶポイント

食事とともにくつろぎの空間も提供したいレストランでは、デジタルサイネージの設置でスペースを取り、店内を圧迫してしまうという事態はなるべく避けたいものです。そういう意味では壁面設置を基本に考えたいところです。エントランスやカウンター付近ではセールスプロモーション、店内スペースは主に雰囲気を重視したコンテンツを流すとよいでしょう。

設置場所別で探す

メルマガ登録特典ダウンロード資料プレゼント
  • check!5分でわかるデジタルサイネージ
  • check!利用事例・価格事例20選

毎週1回お届けするヤマトサイネージメルマガにご登録いただくと、

今すぐデジタルサイネージを導入する予定のない方にもお役立ち情報満載です。
登録はこちらから。
※ご登録直後にお送りするメールにて特典ファイルをプレゼントいたします。

機器の選び方から納期確認、コンテンツ制作まで
なんでもご相談ください!

フリーダイヤル0120-18-3102 メールでのお問い合わせ
私、ミツが何でもお応えします