デジタルサイネージとは

検討中リスト

検討リスト

検討リストに何も追加されていません。

お電話でのお問い合わせ
営業時間/平日9:30~17:30

いーわ サイネージフリーダイヤル0120-18-3102

担当者に転送されている場合があります。


検討中

検討リスト

検討リストに何も追加されていません。

お電話でお問合せ
フリーダイヤル0120-18-3102
レンタルお問合せ
メールメールフォーム
購入・総合お問合せ
メールメールフォーム

デジタルサイネージとは

デジタルサイネージイメージ

デジタルサイネージの世界へようこそ!

近年、注目度が上がっているデジタルサイネージ。駅や街でよく見かけて気になるんだけど、いまいち良くわからない…。そんな疑問にお答えします。デジタルサイネージについて知りたい方、初めてのデジタルサイネージ選びでお困りの方にわかりやすくご説明いたします。

デジタルサイネージとは?知らないと取り残されてしまう集客ツール

渋谷 デジタルサイネージ

デジタルサイネージとは、一言でいうと「ネットワーク化された電子看板」のことです。とはいえ、これでは何のことかわかりませんね。

このページでは、「デジタルサイネージとは何なの?」という疑問にお答えするために、次のことについてまとめています。

デジタルサイネージって言葉は聞いたことあるけど、なんか難しそうで敬遠しているという人はキケンかもしれませんよ。会社の売上を上げるために、上手にデジタルサイネージを活用している企業が増えてきています。敬遠したままでは、大きな可能性を秘めた集客ツール・客単価アップツールを見逃してしまうことになります。このページでデジタルサイネージについての理解を深めて、あなたの会社の売上向上に役立てていただけると嬉しいです。

あらためてデジタルサイネージとは?

渋谷 看板

街を歩いていると、実に多くの看板を目にします。飲食店、デパート、病院、コンビニ、中古車販売店・・・道行く人に、この店は何の店なのかを知ってもらうために看板は重要ですね。では、あなたが自分の会社や店舗の看板を設置したとして、季節によって、時間によって、看板に表示する内容を自由に入れ替えることができたら便利だと思いませんか?昼と夜で、季節によって、時間によって、道行く人に最適な表示内容に自由に変えられる電子看板、それがデジタルサイネージです。

ここでこんなことを思った人がいるかもしれません。「ああ、文字が流れる電光掲示板のことね」

電光掲示板

LED電光掲示板は高輝度なので、昼間でも明るくて目立ちます。これもリモコンなどで流れる文字の内容を変えられるので、デジタルサイネージの一種と考えられますが、このページでいうデジタルサイネージは映像が表示できるディスプレイ形式のものです。実はデジタルサイネージは多くの人が日常的に目にしているものです。電車の車両の中にあるモニターには行き先、停車駅の表示がされているモニターがありますが、あれがまさにデジタルサイネージです。そのほか、デパートや商業ビルの壁面に流れる映像を映し出すモニターもデジタルサイネージです。映画やドラマの予告編がデジタルサイネージで流されていたり、飲食店の前でおいしそうな料理の盛り付け動画が流されていたりすると、興味を持って立ち止まったなんて経験はありませんか?

デジタルサイネージとは、何屋さんかを知らせるだけの単なる看板ではなく、あなたのお店の見込み客となり得る店舗前を歩く人たちに興味喚起させる集客ツールなのです。導入するための費用も以前よりかなり下がってきているので、知らないままにしておくのはもったいないですよ。

デジタルサイネージの仕組み

システム イメージ

最初にデジタルサイネージとは、一言でいうと「ネットワーク化された電子看板」のことだと書きました。デジタルサイネージの仕組みがどうなっているかについて説明します。2010年頃がデジタルサイネージ黎明期だったのですが、そのときはモニターにプレイヤーをつないで映像や画像を流すだけのシンプルな仕組みでした。いわば、テレビにDVDプレイヤーをつないで映像を流すというイメージ。スタンドアロン版とも呼ばれています。図にすると下記のイメージです。

プレイヤーをサイネージに接続するイメージ

しかし最近では、ネットワーク型が主流になっています。つまりPCから操作して、自由にディスプレイに流すコンテンツを変更できるということ。

サイネージを遠隔操作するイメージ

つまり好きなタイミングでディスプレイに流す情報を即時に変更できるということです。これは非常に大きなメリットだと思いませんか?例えば全国に100店舗ある飲食店のチェーンを経営していたとしても、本部から一斉に店頭のディスプレイに流す内容を一瞬で変更できるということです。昼はサラリーマン向けのランチメニューの紹介をして、夜は家族向けのディナーメニューを紹介するということも簡単にできますね。

それでは次にデジタルサイネージのメリット・デメリットについてみていきましょう。

デジタルサイネージのメリット

サムズアップ

デジタルサイネージのメリットは大きく4つあります。

  • 圧倒的に人の目を引き付ける
  • 情報量が多い
  • タイムリーに表示を変えられる
  • 手間がかからない

それぞれについて説明します。

圧倒的に人の目を引き付ける

街中には多くの看板やポスターが溢れかえっています。駅前や商店街などは様々な業種の看板が乱立していて、目にしていても、その情報は目には入ってきません。このような状況でいかに通行する人の目を引くかが新規客獲得のひとつのポイントとなります。デジタルサイネージは通常の看板やポスターとは異なり、動画や音楽で人の目を引くことができます。もちろんデジタルサイネージが乱立するようになれば、同じような状況になるかもしれませんが、今はライバルより圧倒的に高い宣伝効果を得ることができるでしょう。デジタルサイネージは屋外だけでなく、店舗内にも設置することができますので、来店されたお客様への情報提供でついで買いを促し、客単価アップに活用することも可能です。

情報量が多い

デジタルサイネージのメリットの2つ目は「情報量が多い」こと。通常の看板やポスターと比較して多くの情報を提供することができます。従来の看板やポスターはコンマ何秒かの間に、見ている人が判断できるような内容にする必要がありました。小さい字がぎっしり詰まった看板なんて見たことがないですよね。>看板やポスターでは伝えらえる情報に限りがありました。しかしデジタルサイネージは動画や写真のスライドショーなどで多くの情報を伝えることができます。デジタルサイネージで良質なコンテンツを流すことができれば、比較的長い時間見てもらうことができる広告媒体となります。

タイムリーに表示を変えられる

デジタルサイネージのメリットの3つ目は「タイムリーに表示を変えられる」こと。時間や曜日、その日の天候に合わせて表示する内容を変えられます。業種によっては、時間帯や曜日によって来店客層が変わることもあるでしょう。例えばスーパーマーケットを考えてみると、オープンから早い時間帯は年配者の来店が多く、夕方以降は会社員が多い傾向があります。もちろん立地によって変わってくると思いますが、客層が変わるということは、それぞれ興味があるもの、欲しいものが変わってくるということ。デジタルサイネージなら、来店するターゲット属性に合わせて表示する内容をタイムリーに変更することができます。また季節によっても、例えば夏なら冷麺など冷たいメニューの食材を提案し、冬なら鍋物の材料を提案するなど、そのときの状況にあった提案や告知をすることができます。

手間がかからない

ポスターや看板と違い、デジタルサイネージは印刷・張替えという工程がありません。従来のポスターを変更しようと思ったら、デザインを決めて印刷し、張り替える必要があります。しかしデジタルサイネージならデータを変更するだけ。情報更新にかかる手間と費用を圧倒的に抑えることができます。毎日異なるイベントを行うイベント会場や、毎週おすすめのメニューが変わる飲食店などはデジタルサイネージを導入することで、ポスターなどの印刷費用を大きくカットできるでしょう。また、複数の場所に看板やポスターを設置している場合や高所などに設置している場合は、差し替えるのに時間もコストもかかります。しかしデジタルサイネージはインターネット回線を使うことで離れた場所からでもタイムリーに表示内容を変更できるので、差し替えにかかる時間もコストも大きく削減できるでしょう。

デジタルサイネージのデメリット

計算するイメージ

デジタルサイネージのメリットをみてきましたが、メリットがあればもちろんデメリットもあります。デジタルサイネージのデメリットは導入するのに初期費用がかかるということでしょうか。看板やポスターに比べて端末を導入するのにまとまった費用が必要です。そのため端末が雨風で壊れてしまったり、誰かに壊されたりしたときには修理費用もかかります。ただ、最近は端末のレンタルという方法もあるので、デジタルサイネージをレンタルで導入すれば、イニシャルコストは抑えることができそうですね。

デジタルサイネージの活用方法

案内用デジタルサイネージ

ここではデジタルサイネージの活用方法についてまとめます。

広告目的での利用が多いと思われるかもしれませんが、デジタルサイネージの活用方法は多岐にわたります。売上を上げるための広告、集客ツールとしてだけでなく、人件費を削減するツールとしても活用することができそうです。

デジタルサイネージの活用方法まとめ

目的使い方
情報提供通行する人に情報提供するニュース・天気予報・災害情報・今日の運勢など
広告通行する人の目に触れるマスメディア広告企業のイメージ広告(CM)
集客店舗前や売場前を通行する人にお買い得情報を提供時間帯、天候に合わせた商品をPRすることで商品に興味を持ってもらう
客単価アップ来店客に対してクロスセル、アップセルを促進する調理器具コーナーでおすすめの使い方・レシピ情報を流し食材購入を促進する
求人アルバイト採用条件だけでなく、実際に働いている人のインタビューなどを映像で流すことで職場環境をアピールする
コスト削減デジタルサイネージを案内係にするデパートの売場案内・ホテルの周辺情報など従来は人の手で行っていたサービスを代替させる

広告以外の利用の可能性

デジタルサイネージの活用事例としては、圧倒的に広告としての活用が多いのですが、今では広告以外の使い方も広がりを見せてきています。ホテルでは案内や相談のツールとしてコンシェルジェの代わりを果たし、駅や空港での案内ツールとしてもデジタルサイネージは利用されています。電車の中のこれもデジタルサイネージの利用ですね。スマートフォンやタブレット端末のようにタッチパネルを採用したデジタルサイネージをショッピングセンターなどに設置すれば、お客様自らが必要な情報を探し出すことでき、人件費の削減にも貢献することでしょう。デジタルサイネージは広告以外でも用途は広がりそうです。Pepperなどのロボットに接客されるのもいいかもしれませんが、デジタルサイネージも今後スマホの巨大版のようになり、音声検索などで必要な情報を探し出すことができるツールになるかもしれませんね。現在はデジタルサイネージとAR(仮想現実)との技術融合が進んでいます。デパートなどに設置されたデジタルサイネージで売場までの道順をバーチャルリアリティで案内してくれるようになるかもしれません。デジタルサイネージは今後もどんどん進化していくでしょう。

デジタルサイネージおすすめの活用法

少子化が進む現在の日本において、労働力を確保することは企業の業績を左右する大きな要件となりました。人手不足で倒産するという企業も出てきています。特に飲食業など労働集約的な産業ではアルバイトの確保が至上命題。どの企業でも優秀な人材を獲得することは以前にも増して重要度が高まっています。採用難の中でいかに優秀な人材を獲得するかのひとつの手段としてデジタルサイネージを活用する企業も現れてきています。特にアルバイト採用においてデジタルサイネージは効果を発揮しています。アルバイトをしたいという人の多くは、自宅の近くで仕事を探す傾向があります。そのため店舗でも近隣にアルバイト募集のポスティングをしたり、店頭にアルバイト募集広告を掲示するわけです。それをデジタルサイネージに代替することによって、伝えられる情報量とリアルさを高めることができます。

あるコンビニチェーンでは、店の外にデジタルサイネージを設置してアルバイト募集を告知したところ、1週間に2~3人が応募してきたという事例があります。そのコンビニではこのような実験をしました。

店舗外に設置したデジタルサイネージで流す情報を

  • 商品PR
  • 料理のレシピ紹介
  • アルバイト募集

この3種類にして、流す比率を

  • 商品PR・・・5割
  • 情料理のレシピ紹介・・・2割
  • アルバイト募集・・・3割

このような比率にしたそうです。この中で特に効果を実感したのが「アルバイト募集」だったそうです。

コンビニはアルバイト・パートが中心となって運営するわけですが、人材の入れ替わりも激しく、24時間営業なのでシフト作成も大変です。それがデジタルサイネージでアルバイト募集を行ったところ、1週間に2~3人の応募があり、店長自身が驚いたようです。アルバイト募集で流す映像には、実際に店舗で働いているスタッフの志望動機、実際の勤務時間、仕事内容などのインタビューでした。これらの情報を流すことで、新しくアルバイトをしようとする人が親しみを感じて応募しやすくなったという効果があったのです。これこそ、デジタルサイネージの「時間と場所によって最適な情報を流せる」という特徴を有効活用した事例です。

デジタルサイネージの市場規模

市場規模拡大 イメージ

2008年には650億円ほどだったデジタルサイネージ市場ですが、矢野経済研究所の調査によると、2016年度の市場規模は1,487億円ということでした。8年で2倍以上に市場規模が拡大しています。ただし、この調査においては、小型のスタンドアロンタイプ(ネットワークには接続されておらず、USBなどを差し込んでコンテンツを表示するタイプ)は含まれていません。このタイプも含めるとデジタルサイネージの市場規模はもう少し大きくなりそうですね。さらに2020年の東京オリンピックイヤーにはデジタルサイネージの市場規模は2,500億円に達すると見込まれています。今後、さらなる拡大が期待される分野ということです。

デジタルサイネージの歴史

アルタビジョン

デジタルサイネージはモニターで広告を流すツールですから、いってみればテレビがスタートといえるかもしれません。テレビを街頭に設置してCMを流せば、それはデジタルサイネージのコンテンツと変わりありません。1953年にテレビ放送を開始した日本テレビは当初から広告収入を収入源としていたので、デジタルコンテンツによる収入を得ていたという意味では、まさにデジタルサイネージのはじまりと言えるでしょう。街頭や店頭で本来の意味でデジタルサイネージが活用されたのは1970年代後半のアメリカでのことです。アメリカのアパレルショップが販促活動として店頭にテレビを設置し、録画したファッションショーの映像を流しました。日本では1979年に新宿のスタジオアルタが竣工しました。新宿駅東口に面した壁面に日本初の巨大街頭ビジョン(アルタビジョン)を当初から設置。初期はモノクロで放映されていました。今でもアルタビジョンは新宿の人々に毎日多くの情報を提供しています。休日にアルタ前を通行する人は23万人らしいですからね。

スタジオアルタの巨大ビジョン以降、デジタルサイネージを本格的に導入していったのがJR東日本のトレインチャンネルです。今ではおなじみのこれですね。

トレインチャンネル

2002年に山手線に導入され、その後2006年には中央線、2007年には京浜東北線へ導入されました。電車に乗っているときには自然と目が向いてしまいますね。電車内の通常のつり革広告よりインパクトがあるのではないでしょうか。

デジタルサイネージは通信技術の発達とディスプレイの高性能化により、今後もますます発展していくでしょう。

何が気になりますか?

機器の選び方から納期確認、コンテンツ制作まで
なんでもご相談ください!

フリーダイヤル0120-18-3102 メールでのお問い合わせ
私、ミツが何でもお応えします